ここ多久市は佐賀県の中部に位置し人口(平成28年3月末日現在)は20,066人、高齢者数は6,394人。高齢化率は31.9%で高い水準にあります。

多久市社会福祉協議会は、一人一人が互いに尊重しあい、支えあって地域で安心して暮らせる心豊かなまちづくりを基本理念とし、保健・医療・教育等の関係機関、各福祉団体の協力を得ながら、市民の皆さんが気軽に相談できるよりどころとして日々、地域福祉の推進に努めております。
高齢者・障害者・こども
  • 福祉有償運送事業
  • 障害児交流事業
  • 福祉サービス利用援助事業
  • 福祉機器無料貸与事業
  • 居宅介護等事業
  • 子育て支援事業
  • 多久市生活自立支援センター
  • あんしんねっと
貸付事業
  • 生活福祉資金貸付事業
    (県社会福祉協議会受託事業)
  • 福祉資金貸付事業
その他の活動
  • 共同募金、歳末募金運動への協力
  • 福祉バスの運行管理
  • 災害見舞金支給事業
  • 日赤事業への協力 
地域福祉・ボランティア
  • 地域ふれあいネットワーク運動推進事業
  • 緊急時要援護者見守り支援事業
  • ボランティア活動の推進
  • 相談事業
  • 啓発事業
  • 社会福祉大会の実施
  • 多久市ふれあい・いきいきサロン事業
  • わかちあいの“和”
受託事業
  • 多久市シルバー人材センター事業
  • 指定管理者制度
  • 多久市地域包括支援センターへの職員派遣
広報誌
  • 社協だより
  • ボランティアだより
  • 多久市地域福祉活動計画

社会福祉協議会は福祉の総合窓口です

新着情報

2017年2月28日new
・災害ボランティアのご案内new
・「社協だより たく」 89号・90号・91号を掲載しました。
・生活困窮者自立支援事業『すてっぷ(1号・2号・3号)』を掲載いたしました。
2016年9月13日
・わかちあいの“和”事業説明会及び記念講演会のお知らせnew
・24時間テレビチャリティー募金額のご報告についてnew
・多久市ふれあい・いきいきサロン事業についてnew
・「地域福祉」にサロン情報を掲載しました
2016年6月16日
・平成28年度わくわくドキドキ・ボランティア体験スクール開催についてnew
・シルバー人材センター会員募集についてnew
2016年4月28日
◆日本赤十字救急法開催中止のお知らせ
平成28年度日本赤十字救急法講習会は、熊本震災の影響の為、中止とさせて頂きます。
2016年4月19日
・熊本地震への支援物資募集new
・義援金・救援金の受付を更新しました。
・日本赤十字 救急法講習会のお知らせ《中止》new

平成28年3月23日(水)に災害ボランティア研修会が開催されました。

平成27年度は日赤佐賀県支部事業推進課主事西村元成氏に講師として来て頂き、演題「地域で考える災害時の備え」というテーマで講演をして 頂きました。東日本大震災から5年経過した被災地の現状等、DVD映像を含めた講演で分かり易く伝えて頂きました。
講演後はイージーアップテント設営、炊き出し体験・ハイゼットを使用した災害食の実食、救急法、災害時、ケガをした際の新聞紙を使用した応急手当等も実演して頂きました。多久市の皆様は積極的に学ばれている様子でした。 平日にも関わらず87名という多くの方々の参加がありました。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2016年2月29日
「社協だより たく」を掲載しました。new
2015年12月1日
「地域から孤立をなくす活動支援」事業配分要望申請について
平成27年度の共同募金(募金運動期間10/1〜12/31)を活用して、平成28年度に実施される「地域から孤立をなくす活動支援」事業への配分要望申請を受け付けます。
◆詳しくはこちらをご覧ください。new
◆申請書様式new
2015年7月30日

平成27年度共同募金配分事業について

赤い羽根共同募金からの配分を受け、広場にブランコを設置する事が出来ました。配分を受けたことにより、区民の赤い羽根共同募金への理解が深まる機会となったとともに、今後とも赤い羽根共同募金活動に協力していきたいと考えております。皆さま、御協力ありがとうございました。

↑  写真をクリックすると大きくなります

平成27年度共同募金配分事業 ありがとうメッセージnew

2015年7月6日

平成27年6月28日(日)に平成27年度ボランティアの集いを開催しました。

今年度は企画工房REPRO代表大草秀幸氏(元アバンセ館長)に講師として来て頂き、演題「戦後70年に想う」〜「もったいない」「ほっとけない」「へこたれない」というテーマで講演して頂きました。
参加者は47名で多久高校生も参加され、皆さんとても興味深く、聴いておられました。たくさんのご参加ありがとうございました。

↑  写真をクリックすると大きくなります

「社協だより たく」を掲載しました。

平成27年度 多久市社会福祉協議会登録訪問介護員募集についてnew
2015年4月28日

佐賀県共同募金会等が主催する「平成27年度“赤い羽根のつどい”」が平成27年4月22日(水)アバンセ ホールにて開催されました。

「“赤い羽根のつどい”」では、『自分の町を良くするしくみ』として共同募金への理解や共同募金運動の支援の輪を広げていくことを目的として毎年開催されています。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2015年4月1日

老人福祉センターむつみ荘に新たにヘルストロンを設置しました。

多久市老人福祉センターむつみ荘は、多久市内外の高齢者の方に健康で明るく楽しい一日をごゆっくりと過ごしていただくための施設であります。
センターでは、4月1日よりスカイウェル(ヘルストロン)を新たに設置しております。お越しの際はぜひ気軽にご利用頂きリラックスして頂ければと思います。

↑  写真をクリックすると大きくなります

多久市社会福祉協議会の事務所(多久市館社会福祉会館内)に「多久市生活自立支援センター」を開設しました。

多久市在住で、失業や離職などの経済的問題や生活していくうえでのさまざまな問題を抱えた方を対象とした無料相談窓口です。生活にお困りの方が、地域で安心して生活をおくることができるよう、相談員が各関係機関と連携しながら一緒に課題の解決に向けた支援を行っていきます。
※本事業は、平成27年度に施行される「生活困窮者自立支援法」に基づく事業です。多久市福祉事務所から委託を受け、多久市社会福祉協議会が業務を実施しています。

↑  写真をクリックすると大きくなります

2015年3月24日

「社協だより たく」「たく ボランティアだより」を掲載しました。

「24時間テレビ37」福祉車両贈呈。

公益社団法人24 時間テレビチャリティー委員会より福祉車両がNPOサンガムへ贈呈されました。贈呈を受けたNPOサンガムの木下ホーム長は、「いただいた車両は、デイサービスなどの福祉事業等で大切に活用させていただきます。ありがとうございました。」とお礼のことばを述べられました。
24時間テレビチャリティー募金にご協力いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。 ありがとうございました。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2015年3月23日new

平成26年度 災害ボランティア研修会を開催しました。

平成27年3月23日(月)多久市社会福祉会館内にて、『災害ボランティア研修会』を開催しました。当日は、晴天となるも肌寒い日となりましたが、嘱託員や民生委員児童委員、ボランティアなど、計74名の方々にご参加いただきました。
まずは、日本赤十字社佐賀県支部救護係長の廣田氏より、「みんなで取り組もう!災害への備え」−赤十字活動を通じて−をテーマに、災害が起きた場合を想定し、どう行動するのか?また、被災地の救護体験談から災害時の備えについて講演をいただきました。

↓  写真をクリックすると大きくなります

講演のあと、参加者は廣田氏と救急法指導員足利氏の指導の下、防災釜を使用したハイゼックスによる炊き出し訓練や災害時における救急法、エアーテントの設営等を体験しました。
最後に、ハイゼックスで炊いたご飯にカレーをかけ、その他の非常食と一緒に試食し、参加者からは、「地区においても災害について学ぶ機会を設け、備えの大切さについて意識を高めていきたい」などの感想がありました。
今回の研修会を通して、被災地でのボランティア活動の状況や災害が起きたときの備えについて学んでいただけたことと思います。寒い日もかかわらず、たくさんの方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。

2015年3月16日

平成26年度一日バスハイク事業を実施しました。

平成27年3月15日(日)に多久市内特別支援学級に通学されている子とその家族17名で『福岡青少年科学館(久留米)』に行ってきました。プラネタリウムの観賞や展示作品を見るなど親子のふれあいを育む楽しい一日となりました。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2015年3月13日

「企業子宝率」優良事業者として表彰されました。

多久市社会福祉協議会は、県内において企業子宝率の数値が高く、他の事業者も採用しやすい取り組みを実践しているということで優良事業者として佐賀県より表彰されました。

○表彰された企業・団体と企業子宝率は次の通り。 (所在地は県内の事業所)
多久市社会福祉協議会(2・10)
サガシキコーポレーション(佐賀市、2・09)
東与賀幼稚園(佐賀市、2・09)
タマホーム(佐賀、鳥栖市、2・0)
有田町社会福祉協議会(1・93)
医療法人博友会堀田病院(伊万里市、1・88)

↑  写真をクリックすると大きくなります
2015年1月23日

友近890(やっくん)むつみ荘ライブがありました。

1月23日(金)老人福祉センターむつみ荘にて書道シンガーソングライター友近890さんによる「笑顔届ける施設ライブ」が開催されました。友近890さんは、東日本大震災の被災地の施設訪問をきっかけに、日本一周しながら全国各地の福祉施設に出向いて、年間150施設以上をライブされています。
老人福祉センターむつみ荘では、約50名人を前に笑いを交えながらオリジナル曲や「元気になろうメドレー」を歌いあげ、歌いながら書を披露するパフォーマンスで会場は盛り上がりました。
今後も、老人福祉センターむつみ荘では生きがいづくりや社会参加の支援を行っていきますので是非とも、市民の皆様、お気軽にご利用ください。
最後に社協スタッフと記念撮影を行いました。たくさんの元気をありがとうございました!!

↓  写真をクリックすると大きくなります
2015年1月20日

平成26年度 佐賀県社会福祉功労者表彰式が開催されました。

平成26年1月20日(火)マリトピア(佐賀市)において永年にわたり、本県の民生の安定や社会福祉事業に従事・貢献され、本県社会福祉の向上に尽くされた方々を顕彰し、感謝の意を表すための表彰式が開催されました。 多久市からは、佐賀県社会福祉協議会会長表彰の部でボランティア団体功労表彰として中多久ボランティア連絡協議会、永年勤続表彰として民生委員児童委員1名が受賞され、また、佐賀県共同募金会会長表彰として奉仕功労者5名が受賞、優良地区・団体として多久市立東部中学校、優良支会として多久市支会がそれぞれ受賞しました。

↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年12月26日

子育て支援事業を開催しました。

12月26日(金)児童館にて劇団道化(太宰府市)による「のらぺんぎんのペンじろう」観劇会を開催しました。市内の各小学校1年、2年、3年生のなかよしクラブの児童や乳幼児を持つ保護者とその子ども達を対象に、当日は約200名もの参加がありました。会場は笑いに包まれ子ども達は目を輝かせて一生懸命聞き入っていました。この事業は、子育て支援事業の赤い羽根共同募金配分事業として運営を行っております。

↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年12月26日

12月19日『国際ソロプチミスト佐賀‐中部』様から歳末たすけあい募金の御協力をいただきました。

会員である田代由美子様、中島慶子様が社会福祉協議会を訪れ、歳末たすけあい募金として、活動費の一部をご寄付いただきました。いただいたご寄付は、歳末見舞金として生活困窮されている要支援者世帯や交通遺児の方などへ贈られます。温かな善意ありがとうございました。
国際ソロプチミスト佐賀‐中部様では地域と世界中で、女性と女児のための生活向上を目指し、奉仕活動を行っておられます。現在、会員を募集中とのことですのでよろしければご参加いただける方がおられましたら社会福祉協議会までご連絡ください。

↑  写真をクリックすると大きくなります

12月9日『多久市ボーリング協会』様から歳末たすけあい募金の御協力をいただきました。

会長である大久保勝巳様が社会福祉協議会を訪れ、12月7日(日)に年末福祉チャリティーを開催した際に集まった参加料金他一部を歳末たすけあい募金としてご寄付いただきました。いただいたご寄付は、歳末見舞金として生活困窮されている要支援者世帯や交通遺児の方などへ贈られます。温かな善意をありがとうございました。

↑  写真をクリックすると大きくなります

12月9日 中小路公民館にて体操教室を開催しました。

多久市社会福祉協議会 在宅福祉係の職員が、中小路にお住いの高齢者世代を対象に、ガンバルーンというオリジナルのバルーン(ボール)を使った体操やゲームなどを行う体操教室を行いました。参加された方からはとても楽しかったと笑顔で感想を述べられ、終始わきあいあいの中、皆さんと楽しく体を動かすことができました。
地域の集まり等でこのような運動をやってみたいという希望がありましたら、社会福祉協議会へお声掛けください。日程等の都合により、お伺いできないこともありますので事前にご相談ください。

↓  写真をクリックすると大きくなります

12月1日「社協だより たく」 2014.12 No.84を掲載しました。

2014年12月4日

第8回はばたけ!ボランティアin神埼に参加してきました。

12月2日(火)「はんぎ―ホール」(神埼市)にて開催され、神埼市ボランティアグループからの活動事例発表、西九州大学非常勤講師 臨床心理士 吉村 春生氏の講演「甘えあい、支えあい〜安心感と自立〜」がありました。
今回の研修会は、ボランティア会員13名の方と一緒に参加してきました。多久市ボランティア連絡協議会では、ボランティア会員の交流や活動の活性化を目的にこのような研修会に参加しています。

↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年12月1日

11月28日(金)多久市立東部小学校・中学校の児童・生徒のみなさんより、共同募金多久市支会(多久市社会福祉協議会内)へ学校募金をご寄付いただきました。

寄せられた募金は、各地域内で、地域福祉の推進を図ることを目的に、わたしたちの町や暮らしを少しでもよくしようと活動している人たちを応援するために役立たれます。
ご協力ありがとうございました。
募金額 24,366円あたたかいお心をいただき、本当にありがとうございました。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2014年11月25日

11月24日(月・振休)多久市中央公民館にて、第2回多久市社会福祉大会を開催しました。

当日は、社会福祉関係者をはじめ老人クラブ会員、一般市民など約150名が一堂に集うなか、社会福祉分野で功績のあった方々への表彰の贈呈がありました。
また、『聴き上手になろう』を演題に、NPO法人日本ソーシャルコーチ協会理事長の冨岡 郁夫(とみおか いくお)先生の記念講演がありました。多数のご来場、誠にありがとうございました。 

↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年11月11日

平成26年11月10日(月)鬼子母神祭(莇原公民館)を行いました。

毎年、児童の健全育成と安全祈願のため多久市仏教会の協力を得て実施しています。

↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年11月7日

平成26年度「地域力!ボランティア活性化研修会」に参加してきました。

今回の研修会は、ボランティア会員3名の方と一緒に参加してきました。
みやき町コミュニティーセンター「コスモス館」にて開催され、九州大学大学院 統合新領域学府 客員准教授 加留部 貴行先生の講演「つながりを活かした地域活動の向こう側」について講話を聞いてきました。
ボランティア会員の交流や活動の活性化を目的にこのような研修会に参加しています。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2014年11月3日

平成26年11月1日(土)、2日(日)開催された多久まつり会場にてふれあい広場を実施いたしました。

ふれあい広場とは、赤い羽根共同募金のイベント募金の一貫であり、当日は、多久市ボランティア連絡協議会会員、多久高校(JRC部)の皆様にご協力を頂き実施しました。結果、総額90,501円もの募金が集まりました。
お寄せいただきました募金は全額赤い羽根共同募金として佐賀県共同募金会へ送金致しまして、多久市内の地域福祉の推進、町づくり事業等に役立てられます。御協力頂きありがとうございました。

↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年10月24日

「シルバーの日」ボランティア清掃活動を行いました

多久市シルバー人材センターでは、毎年10月の全国一斉『シルバー人材センター事業普及啓発促進月間』に基づき、地域のボランティア清掃活動を行っております。この日は、51名の会員の皆さんが、多久市社会福祉会館周辺と?原公民館、鬼子母神周辺に於いてさわやかな汗をかきながらボランティア清掃活動を行いました。会員の皆様、ご参加、ご協力に感謝いたします。

↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年10月10日

『養護老人ホーム けいこう園』様から赤い羽根共同募金の御協力をいただきました。

平成26年10月10日、養護老人ホームけいこう園様より、赤い羽根共同募金として8月22日のけいこう園夏祭りバザー売上金全額32,700円ものあたたかい善意の募金をお寄せいただきました。
けいこう園の皆様をはじめ協力を頂いた全ての皆様のご厚意に感謝いたします。ご協力いただいた募金は各地域内で、地域福祉の推進を図ることを目的に、わたしたちの町や暮らしを少しでもよくしようと活動している人たちを応援するために役立たれます。ご協力ありがとうございました。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2014年10月9日

救護施設しみず園にて赤い羽根共同募金配分車両のお披露目式が開催されました。

佐賀県共同募金会より、スロープと電動ウィンチ付で、車椅子の方が乗り降り可能な福祉車両「ウェルキャブ」のお披露目式がありました。
配分を受けた救護施設しみず園の河野施設長は、「いただいた車両は、利用者の方がより安心安全に過ごすことができ、健康維持やその人らしい生きがいのもてる生活が送れるよう大切に活用させていただきます。」とお礼のことばを述べられました。

↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年10月1日

平成26年度赤い羽根共同募金運動が始まります

10月は赤い羽根共同募金開始月間となっています。募金運動期間は、毎年10月1日〜12月31日までの3ヶ月間で、全国一斉におこなわれます。
多久市社協は佐賀県共同募金会多久市支会として佐賀県共同募金会に協力し、地域がよくなる仕組みづくりに取り組んでいます。
平成26年度赤い羽根共同募金広報誌(PDF)new

↑  写真をクリックすると大きくなります

平成26年度赤い羽根共同募金運動式開始式が10月1日(水)佐賀県庁県民ホールにて開催されました。

今年度も佐賀県庁で「運動開始式」があり、民生委員や配分を受ける団体など約200人が出席してポスターや標語の表彰式などを通じ、赤い羽根共同募金運動への協力を呼び掛けました。

↑  写真をクリックすると大きくなります

南多久公民館に赤い羽根共同募金自動販売機(清涼飲料水)新規設置しました

平成26年10月1日南多久公民館に「共同募金協力型自動販売機」(伊藤園)を設置しました。この自動販売機の売上の一部は赤い羽根共同募金に寄附され、地域福祉の充実のために役立てられます。
南多久公民館に来られた際には、是非ご利用ください。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2014年8月29日

非常用炊き出し釜中央公民館に配備しました

日本赤十字社多久市地区では、被災時の炊き出し活動をはじめ地域住民が参加する災害救護訓練や地域防災活動において活用するため、「非常用炊き出し釜」2台を多久市中央公民館に配備しました。
多久市地区では、誰もが安心して暮らせるまちづくりを目指し、また、いち早い救護活動を支援するため、今後、各町公民館に「非常用炊き出し釜」を配備予定です。
今後とも、赤十字活動の御協力をよろしくお願いします。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2014年8月22日

社協見える化事業で掲示板設置しました

佐賀県社会福祉協議会の「地域福祉活動活性化メニュー事業」の助成を受け、多久市社会福祉会館の正面玄関側に多久市社会福祉協議会掲示板を設置しました。
今後より一層、社会福祉協議会のPR活動や行事等を掲載していきますので、ぜひ、一度、立ち止まってご覧ください。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2014年7月1日

平成26年度ボランティアの集いを開催しました

平成26年6月29日(日)多久市社会福祉会館にて佐賀市嘉瀬公民館館長 城野眞澄先生を講師にお迎えし、平成26年度ボランティアの集いを開催しました。
『ボランティアと仲間づくり』と題して講演頂き、ボランティアに取り組む姿勢や地域との関わりについてわかりやすくお話して頂きました。当日は、49名ものボランティア会員の方に参加して頂きました。ありがとうございました。

↑  写真をクリックすると大きくなります

平成26年度「赤十字水上安全法地区別講習会」を6月28日(土)多久市立中央小学校にて開催しました。

今回の講習会では、多久警察、多久消防署、多久市内の学校や保育園の先生、地域住民より31名参加して頂き、講師の指導に従い、水場の事故に対して、必要な救命手当ての方法や溺者の救助法等の知識や技術を学びました。


↓  写真をクリックすると大きくなります

「社協だより たく」 2014.7 No.83を掲載しました。

2014年5月22日

平成26年度の日本赤十字社佐賀県支部主催の「1000人赤十字救急法実践講習会」が5月17日(土)小城市桜楽館にて開催されました。

今回の講習会では、民生委員、地域婦人会、多久高校、一般参加者より25名参加して頂き、講師の指導に従い、災害時の対応や心肺蘇生法・AEDの取り扱いを学びました。


↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年4月30日

(社)佐賀県共同募金会等が主催する「平成26年度“赤い羽根のつどい”」が平成26年4月17日(木)アバンセ ホールにて開催されました。

「“赤い羽根のつどい”」では、『自分の町を良くするしくみ』として共同募金への理解や共同募金運動の支援の輪を広げていくことを目的として毎年開催されています。
平成26年度 配分決定通知書交付者はご覧のとおりです。(H26年度配分決定通知書交付者<多久市>はコチラ)

↑  写真をクリックすると大きくなります
2014年3月24日

平成25年度防災ボランティア研修会を開催しました。

2014年3月17日

平成25年度一日バスハイク事業を実施しました。

平成26年3月16日(日)に多久市内特別支援学級に通学されている子とその家族31名で『海きらら(佐世保)』に行ってきました。天候は晴天に恵まれ、親子でイルカのショーを見たり、海賊船にのり九十九島の海を眺望するなど親子のふれあいを育む楽しい一日となりました。


↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年3月6日

車椅子寄贈について

佐賀新聞社では、来年8月に迎える創刊130周年の記念事業として、各市町の社会福祉協議会を通じて車椅子の寄贈をされています。
佐賀新聞多久中央販売店(古賀智博店主)が多久市社会福祉協議会を訪問され、車椅子を贈呈して頂きました。その他、多久市内の7福祉施設に同様の車椅子が贈呈されています。

↑  写真をクリックすると大きくなります
2014年2月15日

はばたけボランティアin多久が開催されました。

佐賀県ボランティア連絡協議会と多久市ボランティア連絡協議会が合同主催したはばたけボランティアin多久が多久市中央公民館にて開催されました。
このイベントは県内各地を輪番で実施されるもので、今年は多久市での開催になり、県内各地から410名ものボランティア団体の皆さんが出席されました。
多久市ボランティア連絡協議会山ア会長が開催地あいさつを行いホットミルク多久が事例発表をされました。


↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年2月6日

おじゃましまーす 古川 康です!in多久市 が開催されました。

平成26年2月5日(水)多久市社会福祉会館において佐賀県知事と多久市長を招き、多久市ボランティア連絡協議会ボランティア会員にて懇談会を行いました。
古川知事は多久市内で活躍されるボランティアの皆さんからのご意見に熱心に耳を傾けられ、質問をされる等多くの方に声を掛けていただきました。皆さんのボランティア活動の良い体験、経験をほかの人にも経験してほしいとお話をいただきました。


↓  写真をクリックすると大きくなります
2014年1月27日

平成25年度 佐賀県社会福祉功労者表彰式を開催されました。

平成26年1月23日(木)マリトピア(佐賀市)において永年にわたり、本県の民生の安定や社会福祉事業に従事・貢献され、本県社会福祉の向上に尽くされた方々を顕彰し、感謝の意を表すための表彰式が開催されました。
多久市からは、佐賀県知事表彰 民生委員児童委員(2名),佐賀県社会福祉協議会会長表彰 ボランティア団体功労表彰 多久市そうじの会(1団体),永年勤続表彰 民生委員児童委員(6名)の方が表彰を受けられました。


↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年12月26日

子育て支援事業を開催しました。

12月25日(水)児童館にて劇団道化(太宰府市)による「3びきのコブタ」観劇会を開催しました。市内の各小学校1年、2年、3年生のなかよしクラブの児童や乳幼児を持つ保護者とその子ども達を対象に、当日は約200名もの参加がありました。会場は笑いに包まれ子ども達は目を輝かせて一生懸命聞き入っていました。この事業は、子育て支援事業の赤い羽根共同募金配分事業として運営を行っております。


↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年12月24日

「社協だより たく」 2013.12 No.81を掲載しました。

2013年12月24日

平成25年12月24日(火)多久市社会福祉会館にて『民生委員・児童委員退任式』が開催されました。

三年に一度の改選があり、多久市では69名の民生委員児童委員、8名の主任児童委員のうち、今回退任される38人の方に厚生労働大臣、県知事感謝状が伝達されました。
社会福祉の向上にご尽力頂きありがとうございました。


←  写真をクリックすると大きくなります。
2013年12月20日

『国際ソロプチミスト佐賀‐中部』様から歳末たすけあい募金の御協力をいただきました。

会長である笹川澄子様をはじめ役員の方が社会福祉協議会を訪れ、歳末たすけあい募金として、活動費の一部をご寄付いただきました。いただいたご寄付は、歳末見舞金として生活困窮されている要支援者世帯や交通遺児の方などへ贈られます。
温かな善意ありがとうございました。


↑  写真をクリックすると大きくなります。
2013年12月19日

『涙と笑いの佐賀仁○加』様から歳末たすけあい募金の御協力をいただきました。

座長である堤美恵子様をはじめ事務担当者の方が社会福祉協議会を訪れ、歳末たすけあい募金として、公演の一部益金をご寄付いただきました。いただいたご寄付は、歳末見舞金として生活困窮されている要支援者世帯や交通遺児の方などへ贈られます。
温かな善意ありがとうございました。


↑  写真をクリックすると大きくなります。
2013年12月4日

『多久市ボーリング協会』様から歳末たすけあい募金の御協力をいただきました。

会長である大久保勝巳様が社会福祉協議会を訪れ、『困っている方にすこしでも力添えができれば』と歳末たすけあい募金のご寄付をいただきました。いただいたご寄付は、歳末見舞金として生活困窮されている要支援者世帯や交通遺児の方などへ贈られます。温かな善意をありがとうございました。

2013年11月25日
第1回社会福祉大会を開催しました。new
2013年11月12日

11月11日『介護の日』にちなみ、居宅介護支援事業所、訪問介護事業所の職員に手作りクッキーを頂きました。

多久高校健康福祉系列3年生14名が施設実習でお世話になった事業所に感謝の気持ちを込め、手作りクッキーを贈っているとのことです。職員一同でおいしく頂きました。ありがとうございました。

←  写真をクリックすると大きくなります。

2013年11月6日

平成25年11月5日(火)鬼子母神祭(莇原公民館)を行いました。

毎年、児童の健全育成と安全祈願のため多久市仏教会の協力を得て実施しています。

←  写真をクリックすると大きくなります。

2013年10月31日

「シルバーの日」ボランティア清掃活動を行いました

多久市シルバー人材センターでは、毎年10月の全国一斉『シルバー人材センター事業普及啓発促進月間』に基づき、地域のボランティア清掃活動を行っております。この日は、約50名の会員の皆さんが、多久市内小中学校3校と荕原公民館、鬼子母神周辺に於いてさわやかな汗をかきながらボランティア清掃活動を行いました。


↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年10月29日

平成25年10月26日(土)、27日(日)開催された多久まつり会場にてふれあい広場を実施いたしました。

ふれあい広場とは、赤い羽根共同募金のイベント募金の一貫であり、当日は、多久市ボランティア連絡協議会会員、多久高校(JRC部)の皆様にご協力を頂き実施しました。結果、総額80,315円もの募金が集まりました。
お寄せいただきました募金は全額赤い羽根共同募金として佐賀県共同募金会へ送金致しまして、多久市の福祉の町づくり整備費事業等に役立てられます。御協力頂きありがとうございました。


↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年10月4日

多久市老人福祉センター清掃美化活動について

多久市老人クラブ連合会の会員の皆さんが多久市老人福祉センター(むつみ荘)の外庭などの美化奉仕活動をされました。


↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年10月1日

平成25年度赤い羽根共同募金運動式開始式が平成25年10月1日(火)佐賀県庁県民ホールにて開催されました。

多久市社会福祉協議会藤田会長が市町支会を代表し中央募金会会長メッセージの伝達を受けられました。また、平成25年度配分施設を代表して、とうぶ保育園児さんが共同募金運動応援協力について元気よく宣言されました。


↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年8月28日

24時間テレビ36チャリティー募金のご報告

今年も8月25日(日)に24時間テレビチャリティー街頭募金活動を悪天候の中、フードウェイ多久店にて実施しました。結果、募金総額 78,147円となりました。

お寄せいただきました募金は、「24時間テレビチャリティー委員会」を通じ、福祉車両の贈呈や地球環境保護支援などのさまざまな活動に役立てられます。皆様の温かいご支援とご協力を頂き、誠にありがとうございました。


↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年8月8日
平成25年度わくわくドキドキ・ボランティア体験スクールを開催しました。

多久市社会福祉協議会では、わくわくドキドキ・ボランティア体験スクールを8月5日、8月7日に開催し、小学校4〜6年生延べ13人に参加頂きました。
1日目は手話、高齢者疑似体験について。2日目は、老人保健施設「やすらぎ」施設見学、盲導犬について学びました。
今回の体験が、子供たちにとってボランティアへの理解を深めるきっかけとなればと感じています。

↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年7月29日
佐賀県民災害ボランティア会員募集について
近年の地震や風水害などの災害発生の現場で、被災者の救援活動や生活支援に取り組む「災害ボランティア活動」。
あなたも、災害時や災害に備えるボランティア活動に参加してみませんか。
詳細は下記のページをご覧ください。
http://www.sagaken-shakyo.or.jp/boranthia/page03.html

2013年7月20日
平成25年8月5日、7日の2日間、わくわくドキドキ・ボランティア体験スクールを開催します。
毎年、多久市社会福祉協議会では子供たちの夏休み期間中、小学生上学年を対象に、わくわくドキドキ・ボランティア体験スクールを開催しています。
今年は手話、高齢者疑似体験、高齢者施設の研修、盲導犬等、様々なボランティア体験を企画しております。このボランティア体験スクールが少しでも子供たちの成長に繋がる実り多い機会になればと願っています。
2013年7月8日
「社協だより たく」 2013.7 No.80を掲載しました。
2013年6月23日
平成25年度ボランティアの集いが開催されました
平成25年6月23日(日)多久市社会福祉会館にて佐賀ユーモア協会 事務局長 音成日佐男先生を講師にお迎えし、平成25年度 ボランティアの集いが開催されました。 『笑いとユーモア』と題して講演頂き、洒落や駄洒落を交えた話に会場は笑いに包まれました。72名ものボランティア会員の方に出席して頂きました。ありがとうございました。

2013年6月21日
朗読ボランティアひまわりの会 交流会について
6月17日(月)多久市社会福祉会館にて、ひまわりの会、市報朗読テープ利用者、多久市役所広報担当者、社会福祉協議会担当者にて年に1度の交流会を行いました。

ひまわりの会は、多久市ボランティア連絡協議会に所属されており、市内の視覚障がいをお持ちの方や市内福祉施設入居者の方を対象に、市報内容をテープに吹き込み、朗読テープを届ける等の朗読ボランティア団体として活躍されています。

交流会の中で、市報朗読テープを利用されている利用者の方は『毎月テープを楽しみにしています。1回と言わず2回聞いています。』、『今年で88歳となるが、市報を毎月聞けるのが嬉しい。感謝しています。』と述べられました。

市報朗読におけるご意見やご感想等、活発な意見交換ができ大変、有意義な時間となりました。
2013年5月17日
「社協だよりたく」平成25年度賛助広告について(お願い)
多久市社会福祉協議会では、地域福祉を推進するための自主財源を確保することを目的に本会広報誌『社協だよりたく』への、貴社広告の掲載協力を賜りたいと存じます。
(詳細はこちら
2013年5月12日
平成25年度の日本赤十字社主催の「1000人赤十字救急法実践講習会」が5月12日(土)小城市桜楽館にて開催されました。

今回の講習会では、民生委員、婦人会の皆さん16名に参加して頂きました。心停止の早期認識と通報、心肺蘇生とAEDについて、迅速に連携を図ることで救命率が向上することを学びました。心肺蘇生の順序も以前と少し変わり、AEDと併せて行うことが効果的だそうです。

↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年4月19日
(社)佐賀県共同募金会等が主催する「平成25年度“赤い羽根のつどい”」が平成25年4月18日(木)アバンセ ホールにて開催されました。
「“赤い羽根のつどい”」では、『自分の町を良くするしくみ』として共同募金への理解や共同募金運動の支援の輪を広げていくことを目的として毎年開催されています。

平成25年度“赤い羽根のつどい“において、多久市東多久町にある社会福祉法人同朋なごみ保育園様が配分決定通知書交付者、民間社会福祉施設を代表して通知書の交付を受けられました。
2013年4月12日
5月8日世界赤十字デーの全国統一キャンペーン事業として、「1000人赤十字救急法実践講習会」が開催されます。

日時: 平成25年5月12日(日)  午前10時から12時まで
場所: 小城市桜楽館

心肺蘇生法、AEDの取扱い、止血法などを学べる救命講習を行う予定となっています。大切な命を守るため、この機会に講習を受けてみてはいかがでしょうか。

平成25年4月1日付採用において多久市社会福祉協議会に新しい職員が採用となりました。
自己紹介
今年度より多久市社会福祉協議会にて福祉活動専門員として勤務することになりました。名前は北島暁(きたじま あきら)です。時間はかかるかと思いますが、太く長く根を張り、大きな大木として成長し、多久市民の皆様が安心して暮らすことができる地域福祉の推進に努めていきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします。
2013年3月11日
「社協だより たく」 2013.3 No.79を掲載しました。
「たく ボランティアだより」 こだま特集号9を掲載しました。
2012年12月19日
「社協だより たく」 2012.12 No.78を掲載しました。
2012年7月23日
スタッフ紹介ページを更新しました。
「社協だより たく」 2012.7 No.77を掲載しました。
2012年5月16日
「地域福祉活動計画書」を掲載しました。
2012年3月6日
「たく ボランティアだより」 こだま特集号8を掲載しました。
2012年3月2日
「社協だより たく」 2012.3 No.76を掲載しました。
2011年7月1日
ホームページをオープンしました。是非、ご覧下さい!

お知らせ

2017年2月28日new

事業案内ページを更新しました。

日本赤十字社・共同募金ページを更新しました。

2016年9月13日

事業案内ページを更新しました。

日本赤十字社・共同募金ページを更新しました。

2016年6月17日

事業案内ページを更新しました。

日本赤十字社・共同募金ページを更新しました。

2015年7月30日

社協概要を更新しました。

2015年4月28日

事業案内ページを更新しました。

2015年4月13日

義援金・救援金の受付ページを更新しました。

事業案内ページを更新しました。

日本赤十字社・共同募金ページを更新しました。

◆ 平成27年度ボランティア活動保険の加入申し込みの受け付を行っております。

ボランティア活動保険は、ボランティア活動中にボランティア自身がケガをした(傷害事故)・他人へケガをさせてしまった、他人の物を壊してしまった(賠償事故)などの事故を広く補償するものです。ボランティア活動を希望または予定される方は加入されることをお勧めします。
保険ボランティアチラシnew

◆ 習ってよかった!災害時に活かせる赤十字救急法講習会

日 時:平成27年5月10日(日) 午前10時〜午後12時まで(受付9時30分開始)
平成27年度救急法チラシnew

2015年3月25日

義援金・救援金の受付ページを更新しました。

2015年3月16日

義援金・救援金の受付ページを更新しました。

2014年11月3日

義援金・救援金の受付ページを更新しました。

2014年10月31日

「第2回多久市社会福祉大会」開催についてnew

平成27年度事業 赤い羽根共同募金配分要望申請募集について

赤い羽根共同募金による平成27年度事業において、地域の課題を解消する・地域の福祉を増進する事業等を配分テーマとし、まちづくり活動を展開する自治会や民生委員児童委員協議会、老人クラブ、ボランティアグループ等の活動を支援するために、助成金の交付希望団体を募集しております。詳細については、別添資料をご覧ください。

資料:平成27年度事業「地域テーマ事業」配分要望申請募集についてnew
申請様式:wordnew
資料:「地域から孤立をなくす活動支援」平成27年度事業実施要領new
申請様式:wordnew

義援金・救援金の受付ページを更新しました。

2014年9月8日

24時間テレビチャリティー募金活動(8月30日開催)のご報告new

2014年8月29日

義援金・救援金の受付ページを更新しました。

2014年8月19日

24時間テレビ37「愛は地球を救う」街頭募金のご協力のお願い。new

2014年6月20日

第17回介護支援専門員実務研修受講試験「受験の手引き」販売について

・販売期間:平成26年6月23日(月)より販売開始 1部:300円
・販売場所:多久市社会福祉協議会(多久市社会福祉会館内)
・受験申込書受付期間:平成26年7月1日(火)〜7月31日(木) ※当日消印有効
・問い合わせ先:多久市社会福祉協議会
詳細:介護支援専門員実務研修受講試験の受験手引き販売案内new

2014年5月22日

水上安全法地区別講習会を開催します。new

日本赤十字社佐賀県支部では、水の事故防止と溺者の救助に備えるため、毎年佐賀県教育委員会と共催のもと講習会を開催しております。参加にご興味ある方は、多久市社会福祉協議会(TEL 75−3593)までお気軽にご連絡ください。

日時      6月28日(土)10時〜12時
場所      多久市中央小学校(体育館及びプール場)
講習内容  救助方法、着衣泳、心肺蘇生法等

2014年4月21日

2014年 第37回「24時間テレビ」福祉車両寄贈事業申込みについて

申込みについては、下記のホームページに福祉車両寄贈申込書・申込みの手引き等をダウンロードできますのでご参照ください。
佐賀県社会福祉協議会http://www.sagaken-shakyo.or.jp/
※寄贈希望申込者は、5月9日(金)までに多久市社協へ申込書を提出ください。

2014年4月15日

5月8日世界赤十字デーの全国統一キャンペーン事業として、「1000人赤十字救急法実践講習会」が開催されます。

日時: 平成26年5月17日(土)  午前10時から12時まで
場所: 小城市保健福祉センター(桜楽館)
講習内容: 心肺蘇生法、AED使用法等
参加にご興味ある方は、多久市社会福祉協議会までお気軽にお問い合わせください。


2013年12月2日

災害ボランティア研修会を開催します。

義援金・救援金の受付ページを更新しました。

2013年12月2日

赤十字支援型自動販売機を設置しました。

赤十字活動を広く地域の方々に知ってもらい、自動販売機を「募金箱」と位置づけることで気軽に支援活動に参加できるようにと、福祉会館玄関前に赤十字支援型自動販売機を設置いたしました。

 ジュース1本購入していただくごとに、売上金の一部が、「赤十字活動支援」の寄付になるものです。皆様、赤十字支援自動販売機へのご理解とご協力の程よろしくお願いします。


↓  写真をクリックすると大きくなります。
2013年10月30日

「第1回多久市社会福祉大会」開催について

2013年9月20日

平成26年度事業「安心・安全なまちづくり支援」配分要望申請募集について

赤い羽根共同募金による平成26年度事業において、「安心・安全なまちづくり支援〜地域の安心・安全な暮らしを住民とともにつくる活動〜」を配分テーマにまちづくり活動を展開する自治会や民生委員児童委員協議会、老人クラブ、ボランティアグループ等の活動を支援するために、助成金の交付希望団体を募集しております。詳細については、別添資料をご覧ください。

資料:
「安心・安全なまちづくり支援 助成概要(平成26年度事業)」
「自治会・町内会等が実施する場合の配分条件」
申請様式:
「安心・安全なまちづくり支援申請書様式」

2013年8月28日

H25 赤い羽根協賛品のご購入について〜協力のお願い〜

今年も県物産振興協会のご協力による15種類の県産品とお茶、自然海塩の合計17種類が募金用資材として採用されています(H25 赤い羽根協賛品別添カタログはコチラ)。

この協賛品を購入して頂くと協賛企業のご協力により、商品定価の約半額が共同募金へ寄付される仕組みとなっております。

多久市社会福祉協議会では、多久市内にお住いの方を対象に電話等でご注文の受付をしております。ご注文をお考えの方は、別添カタログをご覧頂き、多久市社会福祉協議会までご連絡ください。ご協力よろしくお願いします。(申込期限:平成25年11月8日まで)

24時間テレビ36「愛は地球を救う」街頭募金のご協力のお願い
毎年、市町社会福祉協議会を中心に、県内のボランティア有志の皆様と一緒に24時間チャリティー街頭募金活動を実施しております。
今年度も、下記の通り実施いたしますのでご協力の程よろしくお願いいたします。
 ■開催日時
平成25年8月25日(日) 10:00〜12:00
■開催場所
フードウェイ多久店(出入り口付近)
■協力団体
・多久市立西渓・中央・東部中学校の生徒さん、多久高校(JRC部)
・各福祉施設
・多久市ボランティア連絡協議会
■問い合わせ先
多久市社会福祉協議会 TEL75-3593 FAX75-6590
非常勤(訪問介護員)募集
 ■採用予定人員
若干名
■資格
@ 介護福祉士・ヘルパー1級、2級、介護職員基礎研修課程を修了された方いずれか
A 普通自動車免許を有する方
■就業時間
月曜日〜金曜日までのAM7時〜PM10時(週20時間以下)
※勤務の日数や時間などは相談に応じます。
■問い合わせ先
多久市社会福祉協議会 電話番号 0952-75-3593