スタッフ紹介

看護師から一言

 施設には身体が思うように動かせない方、意思の疎通が上手く図れない方など、さまざまな高齢者様が入所されています。私達、看護師はこのような利用者の疾患に対する日々の看護は勿論のこと、嚥下運動が上手くできずに経管栄養を行っている方の誤嚥性肺炎を防ぐためのさまざまな工夫や、寝たきりの方にでき易いとこづれ(褥瘡)の予防などにも積極的に取り組んでいます。

 そのような中で、利用者様が日々感じておられる不安の軽減や、ストレスの緩和、利用者様が何を訴えて何を求めているのかの適確な把握など、利用者様と同じ目線で正面から向き合い、ゆとりのある対応を行って、心の看護ケアを目指したいと思っています。

スタッフ写真

介護士から一言

 私たち介護職員は、利用者様の尊厳と安全に配慮しながら、家庭的で温かい介護・生活支援を行うことを目標として仕事に取り組んでいます。そのために定期的に勉強会を行い、知識の取得と技術の向上に努めています。

 しかし知識と技術ばかりで、心がない介護では利用者様にとって「やさしい介護」とは言えません。知識と技術も大事ですが、それとともに心のある「やさしい介護」を利用者様に感じていただき、楽しく充実した生活を送っていただけることを常に目指しています。

スタッフ写真

通所リハビリ(デイケア)職員から一言

 デイケアでは、自宅に閉じこもりがちで、外出もままならない高齢者の方々に、コミュニケーションの場を提供したり、生活の自立を援助して、仲間と出会う喜びや、生き甲斐をもっていただけるように、お手伝いさせて頂いています。入浴により心と体の万病を予防し、筋力低下を防ぐために全身を使うリハビリも行っています。

 季節の行事も随所に取り入れ、楽しく飽きのこないゲームを考え、毎日笑いの絶えないデイケアを目指しています。利用者様より「規則正しい生活が出来るようになった」と喜びの声もいただいております。なお体験利用も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

スタッフ写真

理学療法士・作業療法士から一言

 リハビリテーション部では、専門の理学療法士・作業療法士が、個々の状態に応じたリハビリプランを立案し提供させていただいております。

 利用者様の日常の生活動作を基本とした心身機能の向上を図るリハビリはもとより、作業・レクリエーション活動などを通じて楽しみながら健康維持・増進を図るリハビリ、家庭復帰を目標にしたリハビリも提供しています。

 また、認知症のある利用者様に対し、認知症短期集中リハビリも実施しています。

 

スタッフ写真

支援相談員・ケアマネージャーから一言

 地域の医療機関や居宅介護支援事業所などと連携を図り、入所、短期入所(ショートステイ)、通所リハビリ(デイケア)などを円滑に利用していただけるよう努めています。また、利用者様の想いに寄り添い、その人らしく、笑顔で生き生きと生活できるようなサービスを提供するために、利用者様・ご家族様・各関係職種間のパイプ役を担っています。

 皆様の質問・不安・悩みなど幅広く相談を受け付けております。その他のご意見や苦情なども遠慮なくお申し出ください。

スタッフ写真

厨房職員から一言

 厨房では、利用者様に安全で楽しい食事をご提供できることを目標にしており、また一人一人の栄養管理にも力をそそいでおります。

 新鮮な旬の野菜を使用したり、季節感を味わって頂くために、様々な行事に合わせた松花堂弁当をご用意するなど、直営方式ならではの家庭的な手料理を、作りたての状態でご提供できることをめざして、利用者様から「美味しい」という言葉と笑顔を頂ける様に努力しております。

スタッフ写真

事務部職員から一言

 事務部では、老健施設の運営に必要なさまざまな事務・施設管理を行っています。利用者様の利用料に関する請求業務、消耗品や備品の物品管理、車椅子の修理をはじめ、様々な設備・備品のメインテナンスなど、施設全体に関わる種々の業務を行っています。老健フジタの窓口でもありますので、お気軽に声をかけて頂きやすい職場となるように心がけています。

スタッフ写真