家政婦紹介

「介護保険ではできないことがある・・・」または「単位数が足りない・・・」などでお悩みの方は、ご相談ください。
「ケアサポートみやぎ」は、介護保険の「ウィング」の姉妹会社です。
介護保険との連携をとりながら、安心のサポート体制をつくります。

イメージ写真

介護保険制度は国が定める公的な制度であるため、訪問介護などの介護サービスは定められたルールの中で提供されます。そのため、利用者様が必要とされることも、介護保険ではケアプランとして計画できないことが多々あります。

そんな時にお役に立つのが家政婦(ケアワーカーともいいます)のサービスです。家政婦ができる範囲の業務であれば、ご家庭でのほとんどのことができます。

介護保険の単位数が足りない方、介護保険の認定は受けていないがお手伝いを必要とされる方、入院中の患者さんのお世話を必要とされる方など、ともかくお困りのことがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。

3つのケアサービス

ベテランケアワーカーが行き届いたサービスをご提供いたします。

ベッドサイドケア…病院の付き添い看護

  • 家族だけでは十分なお世話ができない。
  • 長期の付き添いで、心身ともに疲れてしまった。

ホームヘルスケア…在宅介護

  • 病院を退院したばかりの家族がいるが、家事と介護に手がまわらない。
  • 入退院のお手伝いをしてほしい。

ホームヘルプケア…家事援助

  • ケガや体調不良で、思うように家事ができない。
  • 子供が生まれたばかりで大変なので、家事の手伝いをしてほしい。

ケア体制の主な時間帯

図1

パートタイムケア
■日中5時間までの短時間ケア

病院での食事介助や洗濯援助、在宅での清掃・買物・調理など、日中2〜5時間程度のケアです。

図2

デイタイムケア
■朝9時から夕方5時までのケア

ご家族がお仕事などのため、日中ひとりになってしまい日常生活が心配な方など、朝から夕方までのケアです。

図3

ナイトタイムケア
■夜8時から朝8時までのケア

特に夜間頻繁にトイレに行かれたり、安全のための見守りが必要な方のための、夜間だけのケアです。

図4

フルタイムケア
■泊まり込みのケア

昼夜を問わず、常時介助が必要な方のために、泊り込んでケアいたします。ただし、ケアワーカーの睡眠時間がある程度、確保できる方に限ります。

※この他、必要とされる内容に応じて適切なスケジュールを組み立てます。

ケアワーカーのご利用料金について

ケアワーカーのご利用料金の構成は、次のようになっています。

料金の詳細