ゆりの里は宮崎市にある介護福祉施設です。

ホームに戻るサイトマップお問合せ
ゆりの里

ごあいさつ

開設十三周年を迎えるに当たり・・・日々感謝

理事長 相川 久仁子

ゆりの里は、十月十一日十三歳の誕生日を迎えることが出来ました。

毎年この日を迎えることが出来ますのも、私の宝物である利用者様・ご家族様・社員そして様々な関係者各位様のご支援、ご協力のお陰と、誕生日を迎えるたびに感謝に堪えません。心から感謝・御礼を申し上げます。

今年は、例年になく日本各地での災害が発生し、ニュースを聞くたびに心痛めることが多く、どうかこれ以上災害で心痛め苦しむ方、涙される方が出ませんようにと祈り続けると共に、他人事ではなく尚一層の危機感を強く感じる年ともなりました。

介護業界も色々と問題を抱える中、ゆりの里は「第二の家づくり」とした理念に対しどうあるべきかを研鑽し続け、社員は「日々反省・日々改革・日々成長」に精進致しております。 ゆりの里は、お一人お一人の利用者様が貴重な日々の時間を気持ちよくお過ごし頂ける様にと今年大きな改修増築工事を行いました。

そして、全ては人の手・心によるケアを重要視し、社員の研修にも力を注いで参りました。何事も今に満足せず、介護職としての教育は勿論の事、「人としての成長」にこれから先も最大限に努めてまいります。

私も社員に負けないように、認知症の方々及びご家族様の心のケアに役立つことが出来ればと新たに認知症心理カウンセラーの資格を取得し、微力ながらも社員共々精進を重ねております。

運営の基本「全ては利用者様・社員の為」に今後如何に道を創り続けるべきか今期の最大なる課題です。

更に今期も足元をしつかり固めながら、全員で責務を果たして参る所存でございます。 今後とも何卒ご指導・ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。♡ 感謝 ♡ 

株式会社創寿会 ゆりの里

代表取締役 相川久仁子

運営理念・運営方針

運営理念

いかなる人でもが、等しく普通に生活できるようにする(ノーマライゼーション)の精神を追及する

運営方針

1.地域に必要とされる第二の家の構築に邁進する

2.利用者・家族が安心して生活できるために願いや希望を叶える方法を考えます。

3.人権を守り尊重した介護に徹します。

このページのトップへ