特別養護老人ホーム

施設内でのインフルエンザの流行が収束いたしましたので、面会を再開させていただきます。
ただし、面会を同居のご家族様とご利用者様の子供様(配偶者可)に限らせていただきます。
また、面会時間を10分程度にさせていただきます。尚、高校生以下の子供さんについては引き続き面会はご遠慮ください。
特別のご事情のある場合にはご相談ください。
長い間ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。また、ご協力のほどよろしくお願い致します。

初心を忘れず、思いやりと笑顔あふれる施設を目指して

エーデルこまがねは、二つのアルプスに囲まれた静かな環境のなかにあります。入居者一人ひとりが、その人らしく生活できるよう専門のスタッフが支援を行います。

また、季節に合わせて花見、納涼祭など様々な行事も開催されます。

地元のボランティアをはじめ小中学生の訪問など地域との交流を深め、開かれた施設を目指し、地域全体が笑顔で満たされるよう努めてまいります。

エーデルこまがねの風景

6月13日に大型紙芝居の『でんでん虫』さんと、和楽器演奏の『まいまい』さんが来て下さり、「ねずみのすもう」と「霊犬早太郎」の紙芝居を鑑賞しました。音楽に合わせて皆さん一緒に唄や体操をして楽しまれました。

特別養護老人ホームとは?

長期に安定した日常生活が送れるように援助する施設です。

介助イラスト

介護保険の要介護認定で原則要介護3~5と認定された要介護者で、寝たきりや認知症などで日常生活全般にわたって常時介護を必要とし、居宅(自宅)での生活や介護が困難な高齢者の方などを対象とした施設です。

食事や入浴、排泄といった日常生活上の介助や機能訓練、健康管理等を行ないます。 看護師・生活指導員・機能訓練指導員・介護職員などのスタッフがサービスをご提供いたします。

サービスの内容

施設サービス計画(ケアプラン)に基づき、日常生活上のお世話や機能訓練、健康管理を行ないます。

ケアプランの作成
施設サービス計画(ケアプラン)
日常生活上の世話・介護
栄養士による身体状況に配慮した食事を提供(食材料費は給付対象外)
入浴または清拭
利用者の状況に応じた排泄介助
機能回復訓練
機能訓練指導員によるリハビリテーション
健康管理
看護師、協力医療機関等による健康状態の確認や管理。緊急時等、必要に応じて主治医あるいは協力医療機関等に引きつぎ
相談および援助
入所者およびそのご家族から受けた相談への対応やアドバイス