株式会社 佐瀬トータルケアセンター お電話でのお問合せは0297-45-2264
株式会社 佐瀬トータルケアセンター

保育士・保育助手
介護福祉士・ヘルパー

文字を大きくする文字を小さくする

個性や人間性を尊重し、より質の高い快適なケアをご提供いたします

私たちは、皆様の声に耳を傾け、その人にとって望ましい看護や介護のあり方を追求し、サービスをご提供することで元気な笑顔が見られることを楽しみにしています。

そのためには、専門職としての知識や技術、豊かな感性や人間性を身につけることを心がけております。ご利用者様の心身の状態を把握して、お一人ずつのライフステージに合った計画立案、実施いたします。
また、医療との連携を強化し、環境づくりにも力を入れております。

ご挨拶

 本日は公私共にご多忙の中、私の叙勲授章を記念して多数のご来賓の方々のご臨席を賜り、盛大な祝賀会を催すことが出来まして感謝申し上げます。
この5月の叙勲に際しましては、図らずも瑞宝双光章の栄誉に浴し身に余る光栄に存じております。このような栄誉に浴することが出来ましたのも、良き指導者、良き協力者である諸先輩方の数限りない温かいご指導、ご厚情の賜であると心より感謝し、謹んで厚く御礼申しあげる次第でございます。
55年間の看護職を振り返りますと、公立病院の20年間、その後新設病院の立ち上げの機会に恵まれまして勉強する機会をいただき、たくさんの方々のご指導のもとに看護管理を学ぶことが出来ましたことは大変幸せなことであり、感謝の気持ちでいっぱいでございます。
これからの超高齢化時代において、核家族の進行、老々、独居世帯の増加など高齢者を取り巻く環境はここ数年急激に変化しています。 病気を共存しながらQOLの維持向上を目指す利用者さんが非常に多くなっています。
近年の動向として医療から介護へ、施設から地域への移行を加速する動きがあり、私たちは入院早期から連携を密にして在宅における環境整備など準備していくことが大切を思われます。
これからは在宅において医療と生活をつなぎ支える訪問看護の役割が大変重要です。
あらゆる患者、家族の背景を踏まえ、その人がその人らしく生きる為の援助サービスを提供するには、施設や地域の関係職種との連携による情報の共有化および社会資源の積極的な活用が不可欠です。在宅看護ケアに対する質的向上を図るため、常に自己評価し自己研磨しながら生活者である利用者さんの人生に寄り添って支援をしていきたいと思います。
今年ここに新たに看護師としての役割、価値を再認識し責務を果たしていきたいと考えておりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
終わりに際しまして皆様方のますますのご健勝、ご活躍をお祈り申し上げまして、御礼のご挨拶に代えさせていただきます。

佐 瀬 悦 子


瑞宝双光章受章祝賀会(ザ・クレストホテル柏に於いて)

業績

 須賀川市公立岩瀬病院附属高等看護学院卒業後、須賀川市公立岩瀬病院で看護師として20年間勤続。その間主任、婦長を歴任し、同病院高等学校の教師として勤務。又看護部専任臨床指導部室の責任者として従事。その後、いずれも新設病院の開設準備室に看護部長として関わる。その間、看護部組織の確立や教育体制作り等により病院運営管理に参画する。
平成15年9月病院を定年退職し、平成15年10月有限会社佐瀬トータルケアセンター設立し、アネシス訪問看護ステーション、アネシス指定居宅介護支援事業所、アネシス指定訪問介護事業所、アネシスナーシング保育園開設、同年12月にアネシス指定訪問入浴介護事業所開設。平成18年5月株式会社佐瀬トータルケアセンターに商号変更。平成18年10月アネシス障害者居宅介護事業所、平成19年6月アネシス・シャロームデイサービス、平成26年12月にアネシス指定障害者相談支援事業所を開設。
高齢化や疾病構造の変化に伴い在宅ケアの推進の重要性を感じ、地域医療機関、福祉関連施設、行政等との連携を深め、地域住民が在宅で安心して生活が送れるよう、在宅における継続看護活動を進めていきたいと考え開設に至り、13年目を迎えた。
看護協会会員としては、平成13年より社団法人茨城県看護協会看護師職能理事として看護師職能の抱える問題を検討し取り組み、役割遂行に努力している。その中でも、病院と地域を結ぶケアマネジメントのあり方や安全な医療を提供するための看護職としての役割・認識を深める為の活動を重点的に行った。平成18年より社団法人茨城県看護協会竜ヶ崎地区理事として、年間計画のもとに研修会及び竜ヶ崎地区管理者会議等の開催をし、地域の福祉活動に参加した。
平成24年6月の茨城県看護協会総会にて3期6年任期満了となる。
現在は、株式会社佐瀬トータルケアセンターの代表取締役および総括管理者として会社全般の総括管理業務を行っている。
他に活動として、下記のとおりである。

現在の活動

@平成16年11月〜 在宅ホスピスケアについて語る会 会長
A平成22年4月〜  看護大学、看護専門学校、認定看護師実習受入れ
B平成24年4月〜  茨城県在宅医療・介護連携拠点事業への参加
取手・守谷・利根地域在宅連携協議会 委員
C平成28年3月〜  守谷市訪問看護ステーション地域連絡協議会 会長

活動記録

@平成16年11月より在宅ホスピスケアについて語る会を発足

在宅ホスピスケアについて語る会を発足して12年を経過して
在宅ホスピスケアについて語る会発足の経緯と活動の概要について

在宅看護をすすめている中で、在宅ホスピスケアを必要としている患者さんは非常に多く、幸せな最期を迎えるために私たちの役割は何かを真剣に考える毎日でした。そこで、平成16年8月に守谷市内の施設の代表者の方々に快くお集まりいただき、「在宅ホスピスケアについて語る会」についてお話し合いを致しました。その結果、皆様のご協力をいただくことができて、平成17年1月には在宅ホスピスケアについて語る会の第1回を開催することができました。
在宅ホスピスケアについて語る会について、ここに簡単にご紹介させていただきます。

この会は、

患者さんの限られた余生の中で、出来る限りの笑顔の時間をお手伝いするための会です。
それぞれの立場(患者・家族・医師・看護師・ヘルパー・ボランティア等)の人々で互いに支え合いたいと願う会です

*目 的*
ホスピスケアの理念の学習、啓発、実践に努め、ホスピスケア推進のためのネットワーク作りを目的とする。

*在宅ホスピスケアについて語る会の活動*
1.研究会、講演会、セミナーなどの開催
2.事例検討会
3.がん、在宅ケアなどに関する相談
4.ホスピス運動を目指す人々との交流、研修の実施
5.研究会及び学会等への参加

A看護学校在宅実習受入れ

平成22年〜 茨城県立医療大学看護学科
平成22年〜 上尾中央看護専門学校
平成25年〜 国立がん研究センター東病院緩和ケア認定看護師教育課程
平成26年〜 土浦看護専門学校(3年及び2年コース)

上記の在宅看護実習の受け入れを実施し、在宅看護の実習指導を施行している。

B茨城県在宅医療・介護連携拠点事業
取手・守谷・利根地域在宅連携協議会の活動に参加

 ○訪問看護マニュアルの作成
○地域包括ケアあり方の検討
○地域リーダーフォローアップ研修会シンポジストとして参加
○事例検討会発表に参加

C守谷市訪問看護ステーション地域連絡協議会の発足

平成28年3月15日を持って守谷市訪問看護ステーション地域連絡協議会を発足した。その目的は、要介護者などの心身の状況にふさわしい、質の高い介護サービスを提供するための方策について調査・研究し、実施することによって、会員等との意思統一及び協調関係を樹立し、利用者への適切なサービス提供を行い、自立した生活の支援を図ることとしている。

事業内容
1.医療保険及び介護保険制度に関する情報の収集及び提供
2.介護サービスの提供等、利用手続きに関する研究
3.介護サービスの提供が困難な場合の対応に関する研究
4.利用者からの苦情に関する対応の研究
5.看護師、介護支援専門員などの質向上のための研修・講演等の開催
6.病院、その他の事業者または福祉事業者等との会議の開催
7.その他、介護サービス提供等に関する必要な事項
平成28年3月15日に第1回守谷市訪問看護ステーション地域連絡協議会を開催。38名参加
各事業の抱える現状の問題と今後の課題をテーマにグループワークを実施した。

新着情報

2017.9.21

9月13日に敬老会を行いました。アネシスナーシング保育園の子供たちが、 デイサービスに慰問してくれました。子供たちとダンスをしたり、ゲームを したりして楽しみました。皆様、終始笑顔で、楽しい時間を過ごせました。

2017.7.14

ケアマネージャー(正社員)を募集します。 (勤務地:守谷市内)
詳細は弊社までお問合せ下さい。
お問合せ先:0297−21−1525

2017.5.11

介護福祉士(正社員、パート)及びヘルパー(パート)を募集します。 (勤務地:守谷市内)
詳細は弊社までお問合せ下さい。
お問合せ先:0297−21−1525

2017.4.12

アネシス・シャロームデイサービスでは、桜が満開になったところで、お花見に行きました!今年はあいにくの雨の日が多かったものの、お天気の良い日は、みんなでお花見ができました。外に出て気分転換もでき、みなさまとても喜ばれていました。

2017.3.23

アネシス・シャロームデイサービスでは、今回は春のお彼岸にちなんで、ぼたもちを作りました。あんこも小豆から煮ました。自分たちで作った大きなぼたもちは、とても美味しかったようです。笑顔がたくさん見られ、楽しいぼたもち作りになりました。

2017.3.9

アネシス・シャローム・デイサービスでは定期的に、自分たちで手作りおやつを作っています。今回はどら焼きを作りました。リハビリも兼ねて、手先を使う 細かい作業も行ってもらうようにしています。自分で作ったおやつはとても 美味しく感じられるようで、食の細い方もペロリと食べられていました。

2016.12.28

一般事務(訪問看護ステーション)を募集します。 (勤務地:守谷市内)
詳細は弊社までお問合せ下さい。
お問合せ先:0297−21−1525

2016.11.22

保育助手(資格不問)を募集します。 (勤務地:守谷市内)
詳細は弊社までお問合せ下さい。
お問合せ先:0297−21−1525

2016.10.19

「在宅ホスピスケアについて語る会」研修会が、10月16日にイーアスつくばイーアスホールに於いて開催されました。看護師をはじめ介護関係者、薬剤師等60数名の参加がありました。
今回は「終末期にあるがん患者と家族への支援」をテーマに、国立がん研究センター東病院のがん性疼痛看護認定看護師 關本翌子先生の基調講演の後、「他職種協働による在宅ホスピスケアを考える−病院と在宅との連携においての現状と課題−」をテーマに、病院看護師や病院ソーシャルワーカー、ケアマネージャー、訪問看護師、薬剤師、理学療法士等の各シンポジストが、それぞれの立場から他(多)職種連携における役割や課題等が発表されました。
その後、關本翌子先生とシンポジストとの活発な意見交換もあり、参加者も今後の業務に役立つヒント等得られたことと思います。

2016.10.19

10月1日にアネシスナーシング保育園の運動会が開催されました。
当日は園児に加えて大勢のご家族の方々もお見えになり、競技が始まると、会場は大きな声援に包まれていました。プログラムの中には親子一緒の競技もあり、お父さんやお母さんと手をつないで嬉しそうに走る園児達の姿も見られました。会場は一日中笑顔が溢れていました。

2016.10.3

今年も守谷市商工まつりに参加しました。
「健康相談」のブースを開設し、血圧や体脂肪等の測定結果に基づき、訪問看護ステーションの看護師が成人病予防等の健康相談を行いました。
健康相談の方の中には高血圧の方が多く、病院受診を勧めたり、食事療法を詳しく説明する等行いました。生憎の雨の中にも拘らず、30数名の方が相談に訪れ、市民の皆様の健康への関心の高さが窺えました。

2016.9.14
弊社代表取締役 佐瀬悦子瑞宝双光章を受賞し、祝賀会を開催しました。
詳しくはこちらをご覧下さい。

続きをみる

2016. 6.2

訪問介護事業所 管理者を募集します。 (勤務地:守谷市内)
詳細は弊社までお問合せ下さい。
お問合せ先:0297−21−1525

2016.5.2

弊社代表取締役 佐瀬悦子が、長年の看護業務の功績が認められ、この度の春の叙勲で、瑞宝双光章を受賞致しました。

2016.5.2

ヘルパー(正社員、パート)を募集します。 (勤務地:守谷市内)
詳細は弊社までお問合せ下さい。
お問合せ先:0297−21−1525

2016.3.22

3月15日(火)に守谷市保健センターに於いて「守谷市訪問看護ステーション協議会」が開催されました。

当協議会は要介護者等の心身の状況に相応しい、質の高い 介護サービスを提供するための方策について調査・研究し、実施することにより、会員等との意思統一及び協調関係を樹立し、利用者への適切なサービス提供を行い、自立した生活の支援を図ることを目的に、弊社の佐瀬社長が中心となり、市内の関係機関に働きかけて発足したものです。当日は取手医師会副会長で取手・守谷・利根地域在宅連携協議会会長 石井啓一先生、守谷市地域包括支援センター 高橋香代子様、守谷市社会福祉協議会高橋啓子様にご臨席並びにご挨拶を賜りました。

グループワークでは、約40名の参加者が各々の事業所が抱える問題と今後の課題について討議するとともに、互いの事業所の理解を深めていました。

2016.3.8

2月13日(土)に茨城県守谷市の北守谷公民館に於いて「平成27年度 第1回 茨城県精神障害者支援事業者協会在宅支援部会」が開催され、当社の佐瀬社長が「パーソナリティ障害への対応について」の講演を行いました。(参加者:約30名)

パーソナリティ障害は参加者の関心も高く、佐瀬社長が講演で取り上げた事例を参考に、その後のグループワークで活発な意見交換が行われました。

 

2016.3.4

3月3日(木)にアネシスナーシング保育園で雛祭りが開催されました。

園児達は雛祭りのお話しを聞いた後、歌を歌ったり、ゲームをして楽しんでいました。

《 3〜5歳児クラス 》

《 2〜3歳児クラス  》

《 0〜2歳児クラス 》

2016. 2.15

当社では新たに看護助手を募集致します。資格・経験の有無は 問いません。
詳細はこちらまで ⇒ TEL: 0297-21-1525

2016.2.8

アネシスナーシング保育園では、2月3日に豆まきを行いました。

園児達は保育士から節分のお話しを聞いた後、「鬼は外!」「福は内!」 と元気よく豆を撒いていました。

《 0〜2歳児クラス 》

《 2〜3歳児クラス 》

《 3〜5歳児クラス 》

2015.12.11

アネシスナーシング保育園の入園説明会の開催日が変更になりました。
変更前 平成28年1月16日(土)、2月6日(土)
変更後 平成28年2月20日(土)、3月5日(土)
詳細はこちらまで ⇒

2015.12.11

アネシス障害者居宅介護事業所アネシス指定障害者相談支援事業所は、 12月5日に開催された「平成27年度地域ケアシステム推進事業 講演会」にブースを出展して事業所紹介を行いました。

2015.12.11

「在宅ホスピスケアについて語る会」は、12月6日にイーアスつくばイーアスホールに於いて、がん性疼痛看護認定看護師と薬剤師によるがん性疼痛に関する講演会を開催しました。

看護師、薬剤師、理学療法士、介護福祉士、ソーシャルワーカー、ケアマネージャー等の多職種に亘る40名ほどの参加者がありました。がん疼痛の特徴や痛みのアセスメントについて、又オピオイドの副作用等たくさんの内容の講演の後に活発な質問もあり、会場内が大変盛り上がり、盛況のうちに終了致しました。

 

2015.11.13

栄養士、調理師、ヘルパー(デイサービス)、相談支援専門員を募集します。
(勤務地:守谷市内)
詳細は弊社までお問合せ下さい。
お問合せ先:0297−21−1525

2015.10.21

アネシスナーシング保育園では、外国人講師による英会話教室を始めました。園児達は年長と年少の二つのクラスに分かれ、歌や踊り、ゲーム等を織り交ぜながら、楽しく英語を学んでいました。

 

2015.9.28

アネシスナーシング保育園の園児達が、敬老の日を前にデイサービスのアネシス・シャロームを訪問しました。ご利用者様は可愛い訪問者に大喜び。園児達の歌やダンスをご覧になったり、一緒にゲームをして楽しんでいました。

2015年9月11日

新たに相談支援専門員、介護福祉士(デイサービス 勤務)、介護士(デイサービス勤務)、看護助手 (資格・経験不問)を募集します。
看護助手は看護師と同行しての業務となります。
勤務時間はご相談に応じます。
お問合せ先:0297−21−1525

2015年8月31日

アネシスナーシング保育園では、8月24日に夏祭りを開催しました。
園児達は、お揃いのハッピを着て、頭には鉢巻を締め勢揃い。
手作りのおみこしを担ぎ、またヨーヨーや金魚すくいのコーナーでは、掬い上げるたびに歓声を上げ、保育士に自慢げに見せる園児もいました。別のコーナーでは、真剣な顔つきで綿あめを作る園児の姿も見られました。輪投げやドラエモン、キティちゃん等のお面のコーナーもあり、皆代わる代わる楽しんでいました。

2015年7月24日

アネシスナーシング保育園では、毎月避難訓練を実施しています。7月は22日の炎天下の中、68名の園児と21名の職員が参加して行いました。当日は守谷消防署の消防士の方々が訓練の様子をご覧になり、アドバイス等いただきました。

園舎からの避難訓練では、園児全員を職員が手際よく避難させていました。又、消火訓練や通報訓練では、職員全員が参加し消防士の指導を受けていました。年長の園児には消防士からの講話もあり、皆熱心に耳を傾けていました。

これからも子供達が安心・安全に保育園で過ごせるように、継続して訓練を実施してまいります。

2015年5月21日

アネシスナーシング保育園は、5月12日に遠足で上野動物園へ行きました。今回参加したのは、園児20名とそのご家族でした。

園児達は動物園に入ると、早速お目当ての動物を見に行きました。足を投げ出して竹を手に取り食べるパンダのかわいらしい姿に見入ったり、白くまのダイナミックな水中ダイビングに目を丸くしていました。又、キリンの首はあんなに長いのか!象の鼻はまるで手のようだな!動物を身近に見て、園児達は次から次へと新しい発見をしていました。

心配された雨も降らず、とても楽しい遠足になりました。

尚、希望により参加しなかった約50名の園児達もアネシスナーシング保育園の中で、平常通り保育を致しました。

2015年3月19日

3月14日に平成26年度の「家族と語る会」が当社のアネシス・シャロームデイサービスを会場に約20名の参加を得て開催されました。
癌の患者さんやその家族がお互いの療養体験や介護体験を話し合ったり、看護職、介護職と今回初めて参加のあった訪問薬剤師等が在宅の患者さん、家族のケアについて意見交換しました。
昼食後は、ボランティアによるギター演奏やがまの油売り口上、南京玉すだれ等のアトラクションもあり、皆様は楽しい時を過ごされました。

2015年2月4日

2月3日にアネシスナーシング保育園で節分の豆まきを行いました。普段は元気の良い園児達も、鬼が登場すると、驚いて保育士にしがみついて離れない子や、怖くて泣き出す子もいました。
でも、豆をまいて鬼が逃げ出すと、一斉に歓声を上げていました。

2014年12月2日

11月29日にイーアスつくばイーアスホールを会場にして「平成26年度在宅ホスピスケアについて語る会 研修会」が開催されました。
今回は「他職種協働による在宅ホスピスケアを考える」をテーマに、病院と在宅との連携においての現状と課題について、病院看護師、病院ソーシャルワーカー、訪問看護師、薬剤師、理学療法士等立場の異なる5名のシンポジストから発表がありました。参加者との質疑応答では、入院患者を在宅ケアに移行するタイミング等現場で直面する問題等が話し合われ、有意義な研修会となりました。

2014年11月7日

10月26日につくば国際大学を会場にして「第27回 いばらき医療福祉研究集会」が開催され、当社からアネシス訪問看護ステーションの看護師が「肺気腫・拡張型心筋症にて長期在宅ケアを通して今後の支援を考える〜うつ病がありベッドからの離床の困難な事例〜」について発表し、出席者の大きな関心を集めました。

2014年10月7日

10月4日に守谷市立御所ヶ丘小学校体育館を会場にして、アネシスナーシング保育園の運動会を開催しました。
当日は秋晴れのさわやかな陽気でしたが、体育館の中は、200名余りのご家族の応援で、熱気に溢れていました。
中には大勢の観客に驚いて泣き出す子もいましたが、園児達はこの日の為に何日も前から練習を重ねてきた競技に一生懸命取り組んでいました。

2014年9月29日

今年も守谷市商工祭に参加し、「町の保健室」を開設しました。
同保健室は9月27日のみの開設でしたが、約80名の方がお見えになりました。弊社アネシス訪問看護ステーションの看護師が血圧や体脂肪等を測定し、その結果に基づき成人病予防等の健康相談を行いました。
皆さん、測定結果に一喜一憂しておられましたが、看護師の説明には熱心に耳を傾けていらっしゃいました。中には病院に行くほどでもないが、健康に不安を感じてお見えになった方もおられましたが、健康相談を受け、安心されて帰って行く姿も見られました。

2014年9月22日

9月20日に常総市の医療法人仁愛会 水海道厚生病院に於いて、弊社社長 佐瀬悦子の講演会が開催されました。医療関係者をはじめ、障害者福祉に携わる方や障害者を抱える家族の方等約30名の出席者に、慢性化したうつ状態の患者に対して実施したセルフケアプラン導入の効果についての研究報告や障害者総合支援法に基づく各種サービスの説明等を行いました。

2014年9月22日

アネシスナーシング保育園の園児達が、9月11日にアネシス・ シャロームデイサービス、12日にアネシス・シャローム絹の台を訪問し、 歌や遊戯を披露しました。ご利用者様は孫のような園児達の訪問に 大喜び。一緒にゲームを楽しんだり、プレゼント交換もして、笑顔いっぱいのデイサービス訪問になりました。

2014年8月9日

アネシス・シャローム絹の台で「夏祭り」を開催しました。
利用者様手作りの提灯を飾り、揃いの法被を着てスイカ割りや魚釣りゲーム等を楽しみ、又、ボランティアの方々による歌謡ショーでは、利用者様の思い出の歌をリクエストして、皆で合唱しました。

2014年7月1日

弊社通所介護事業所「アネシス・シャロームつくばみらい」は平成26年7月1日付けで「アネシス・シャローム絹の台」に名称変更致しました。

尚、住所、電話番号、FAX番号等に変更はありません。

2014年6月21日

アネシス・シャロームつくばみらいで「デイサービス利用体験会(無料)」を開催しました。開始時間前には既に見学者の方がお見えになり、関心の高さが窺えました。

リハビリ室や風呂場、トイレ等の施設を見学された後は、リビングで看護師、介護福祉士等の専門スタッフと懇談し、施設での生活等を熱心に質問されておりました。又、当日はバザーの催しもあり、スタッフや利用者様の手作り品等を家族と相談しながら買い求める姿も見られました。

2014年6月6日

「平成26年度 在宅ホスピスケアについて語る会 総会」が弊社訪問看護ステーションを会場にして開催されました。
平成25年度の運営委員会報告、活動報告、会計決算・監査報告の後、平成26年度の活動計画、収支予算の審議に入り、全会一致で承認されました。

2014年5月22日

待ちに待ったアネシスナーシング保育園の遠足です。今年は園児とそのご家族、職員の約80名が、大型バス2台に分乗して大洗アクアワールドに行きました。昨日の雨もあがり、絶好の遠足日和となりました。

初めて見る大きなサメやマンボウに驚いたり、可愛いペンギンの姿に喜び、またイルカのショーでは豪快なジャンプをするたびに大きな歓声を上げていました。

2014年4月19日

平成25年度 家族と語る会」がアネシス・シャロームデイサービスを会場にして開催されました。 本会は、在宅における癌の患者さんのケアについて語る会で、当日は患者さんやその家族、看護職、介護職等が約20名参加され、終始和やかな雰囲気の中で、お互いの療養体験等が話し合われました。
又、ボランティアによる踊り等も披露され、会員の皆様は楽しい時を過ごされました。

2014年4月10日

アネシスナーシング保育園に於いて、「平成26年度入園式及びお顔合わせ式」を開催致しました。

施設長の挨拶や職員の紹介では緊張の面持ちの園児達でしたが、保育士による踊りが始まると、緊張もほぐれ、一緒になって踊っていました。園児一人一人の紹介の後は父兄間の親睦を深めるひと時もあり、お互いの保育経験等を話し合っていました。

2014年3月16日

「会社創立10周年記念祝賀会」を千葉県柏市のザ・クレストホテル柏 で約30名のお客様をお招きして開催致しました。

来賓の方々からは 温かなお言葉や励ましのお言葉をいただき、職員一同身を引き締め決意も新たにしました。又、祝宴はアトラクションにフラダンス等も披露 され、終始和やかな雰囲気の中で行われました。

社長挨拶 アトラクション
(フラダンス)
出席の皆様
2014年1月27日

サービス内容の保育園紹介欄をリニューアルしました。

2014年1月27日

1月22日に「茨城県精神障害者支援事業者協会 訪問・在宅部会」が弊社のデイサービス事業所「アネシス・シャロームデイサービス」を会場にして開催されました。

2014年1月27日

1月24日に「平成25年度 在宅ホスピスケアについて語る会 第3回事例検討会」を開催しました。
テーマ:
在宅ホスピスケアについて語る会の活動を通して今後のあり方を考える ―現在までの経過より振り返りをして―

発 表:
アネシス訪問看護ステーション


2014年1月20日
ホームページ のサービス内容に外国の方向けに英文の保育園紹介欄を設けました。
We made the nursery school introduction column of the English sentence for foreigners in the service contents of the website. ⇒
2014年1月20日
1月24日に「平成25年度在宅ホスピケアについて 語る会 第3回事例検討会」を開催します。
テーマ:在宅ホスピスケアについて語る会の活動を通して今後のあり方を考える
―現在までの経過より振り返りをして―
発 表:アネシス訪問看護ステーション
※参加ご希望の方は事務局( 0297-21-1525 )宛お申込み下さい。
 
訪問看護
看護師などがご自宅に訪問し、診療の補助や療養上のお世話を行うサービスです。
居宅介護支援
介護全般の相談に応じ、サービス計画(ケアプランの作成)を行うサービスです。
訪問介護
訪問介護員(ホームヘルパー)が、自宅に 訪問し、介護や日常生活上のお世話を行うサービスです。
訪問入浴介護
入浴が困難な方を対象に、浴槽を持参してご自宅に訪問し、入浴の介護を行うサービスです。
障害福祉サービス
住みなれた地域で自立した生活が送れるように支援するサービスです。
計画相談支援・障害児相談支援
障がいのある方の自立した生活を支え、抱える課題解決に向けたサービスの利用計画作成とモニタリングを行うサービスです。
通所介護
日中、施設やデイサービスセンターに通っていただき、 日常生活上のお世話や機能訓練を行うサービスです。
保育園 (Anesis nursing nursery school)
一人一人の子供を見つめ、豊かな人間性を持った児童に育つよう、また当保育園は看護師が保育士と共に必要に応じたケア、養護と乳幼児教育が一体となった保育園を目指しております。
在宅ホスピスケアについて語る会
患者さんの限られた余生の中で出来る限りの笑顔の時間をお手伝いする為の会です。