文字を大きく文字を小さく

ごあいさつ

令和4年 新年のあいさつ

皆さん、新年明けましておめでとうございます。
ご利用者の皆様をはじめ、職員の皆さん、そして地域の皆様と共に晴れやかに新年を迎えることができましたこと喜び合いたいと思います。
世界を恐怖におとしいれたコロナ禍も暫く落ち着きをみせ、希望の年明けを祈りたいと存じます。
過日の新聞に、今迄コロナと対峙して来たエッセンシャルワーカー達に敬意と感謝の声を届けたい、と載っておりました。エッセンシャルとは「必要不可欠」と言う意味で、「社会に不可欠な仕事をする人」を指しますが、その代表格として感染の危険にさらされる過酷な現場に立ち、多くの命を守り続ける医師、看護師、福祉施設の職員に敬意を表したいと言われております。私達には、まだまだ先の見えない時代のエッセンシャルワーカーとして、真摯に取り組んで行く使命があると思います。

よろしくお願いしてごあいさつといたします。

 

社会福祉法人清峰会 理事長

内山 重丸

新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては新春を清々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。一昨年より続く流行病の影響は大変大きく、私たちの暮らしの様子を一変させましたが、世界ではワクチンや内服薬の開発が進み明るい兆しが見えてきています。ご利用者の皆様が笑顔で過ごせるように、今年も継続した感染対策を行ってまいります。皆様のより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

特別養護老人ホーム浅草ほうらい 施設長

高野 晋太郎

新年を迎えて

新年明けましておめでとうございます。昨年中は皆様には大変お世話になりました。改めて、この場を借りて御礼申し上げます。
さて、昨年も新型コロナウイルスの蔓延で、2年連続の「我慢」の一年となりましたが、施設運営上の数々の規制にもご理解とご協力を賜り誠にありがとうございました。その中での収穫ですが、利用者・職員の衛生意識が高まり、手洗いも上手になり、マスク生活に慣れることで、新型コロナ以外にもインフルエンザ予防にも役立ちました。歴史的にも人間は感染や災難をその叡智で乗り越えてきましたが、何かができない時は、何かができる時でもあります。「できない」ばかりではなく、「何ができるか」を考え、本年も様々な難局を乗り切りたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。

 

障害者支援施設浅草ほうらい 施設長

高橋 毅

公表情報の更新

ホーム

事業所案内

サービス内容

ごあいさつ

スタッフ紹介

プライバシーポリシー

採用情報

リクナビ

清峰会本部バナー

清峰会本部バナー

浅草ほうらいチャンネル

インスタグラム

のりこえる たちあがる ふくしま

ケアワークナビで求人情報掲載中

topこのページの一番上へ

〒111-0022 東京都台東区清川2-14-7
福祉プラザ台東清峰会 TEL:03-5824-5630 FAX:03-5824-5631

Powered by ケアネットビズ