ごあいさつ

心の通いあったケア そして、ご利用者様が幸せに暮らせること
それがハート・トータルサービスの願いです
「求められる介護」を目指して。

弊社は昭和60年9月に現在の 「医療・福祉の支援」の先駆けとして各方面の皆様のご協力を得て設立されました。

設立当初は、一人暮らしの老人の方や一人親家庭に子供の安否確認及び相談相手としての連絡業務を開始しました。それと並行し、介護者(ホームヘルパー)の更なる向上のための教育事業として、介護マニュアルの作成や2級ホームヘルパー養成講習を主催し社内でも継続的に介護技術研修を行って介護者の質の向上と均一化に取り組んで参りました。

また、多くのご賛同者の協力を得て、各方面に講師を派遣することを通じ、地域社会への福祉サービスにも率先して貢献して参りました。

現在、私達は高齢化社会、核家族化、少子化などにより、老々介護や家族の介護負担など多くの現実的な問題を抱えています、。ハート・トータルサービスでは住み慣れた自宅でケアされたい、という利用者ニーズや、在宅ケアに携わる介護者・医療者・看護者の方々の声を聞き、「求められる介護 」を目指し努力して参ります。

私達はこれからも利用者個人を尊重した、多種多様な社会のニーズに迅速に応えるべく「医療・福祉の支援組織」の強化を目指して今後も更なる努力を続けて行きたいと思います。

株式会社 ハート・トータルサービス

代表取締役社長 鈴木 たづ子