スタッフ紹介

社会福祉法人 広賀会のスタッフを紹介します。

コミュニケーションを重視し趣味や個性をくみ取ることで不安を安心感に変え、心地よさや充実感を感じていただきたいと思っております。

利用者の何気ない「あなたのサービスを受けることができてよかった」「家族のように感じている」という一言が私たちのエネルギーです。

スタッフからのメッセージ 機関誌「ほほえみ」〜職員通信より〜

利用者の皆さまへ

私たち支援員は、毎日皆さまの支援をするのがお仕事です。お仕事と言いつつも、寝食共にするお仕事は、いつの間にか一緒に生活している感覚になります。
プロとしての自覚はいかに?等々難しい事は、今回は脇において聞いてくださいね。
これが正しいことか、悪いことかわかりませんが、家族って感じでしょう?いいカッコもできないし、良い所も悪い所も全部さらけ出して(お互いですよ!)生活している気がします。
100%家族ではないけれど、良い距離感で支えあい許し合っている関係を、もっといいものにしたいと願っております。
皆個性的な支援員ですが、どうぞ皆さまこれからも、優しいお目々で接し続けてくださいね。お願いいたします。

よろしくお願いします

2年前に実習生として広賀園で実習を行いました。学生時代から2年が経ち、今年の4月より広賀園で勤めさせていただいております。
まず、簡単な自己紹介をさせていただきます。好きな事は、掃除と料理を作ることです。掃除を始めると周りの声が聞こえなくなるくらい集中しています。
また、人と話すことも好きなのですが、初めて話をする方には、おとなしく真面目という印象になってしまいます。
勤め始めて1ヵ月が経ち、やっと利用者の方の名前を覚えることができましたが、まだ生活リズムまではわかっていません。利用者の方に毎日教えていただくことがたくさんありますが、1つひとつ覚えて行きたいと考えております。
今後は、先輩職員からアドバイスをいただき、利用者の方と向き合っていきたいと考えています。まだまだわからないことばかりで迷惑をかけることが多い私ですが笑顔で明るく頑張りたいと思っています。これからどうぞよろしくお願いします。

このページの上へ