スタッフ紹介

デイサービスセンター・あやとり

昔懐かしい古民家に暖かさ溢れる癒しの介護サービス

縁側やお庭のある昔懐かしい古民家を改修した介護施設では、健康チェックや食事、入浴はもちろん、手工芸や家庭菜園などの余暇活動、さらに機能低下を予防する体操、足湯とマッサージのフットケアまで、ご要望にあわせたプログラムでのんびりとした一日を過ごしていただける施設です。

スタッフからのメッセージ

1日10名までの方にご利用いただける、小規模なサービスです。

これまでの長い人生の中で培ってきたことを生かして。手作業や調理、農作業などをそれぞれに得意なことに取り組んでいただきながら、身体機能を落とさないように生活リハビリを行っていきます。

また、今後増加が見込まれる認知症の利用者様には、認知症の研修を受けた職員や、基準より多い職員を配置して、それぞれのペースにあわせたお手伝いができる体制となっています。少人数の家庭的な雰囲気の中で、楽しく落ち着いて過ごしていただくことで、今までと同じようにご自宅での生活が続けられるようお手伝いさせていただきたいと思います。

デイサービスセンター・あやとり 管理者

グループホームこもれびの家

グループホームこもれびの家では、認知症のあるご利用者様が、少人数(9人)で共同住居の状態で、それぞれの症状にあわせた、買い物や食事の支度、掃除や洗濯などを、ご利用者の皆様とスタッフが一緒になって行いながら、生活していくことで、できるだけご自宅にお住まいのときと同じような家庭的な雰囲気の中、症状の進行を緩和しながら、その人らしさを大切にした、落ち着いた暮らしをしていただけるようにしています。

スタッフからのメッセージ

グループホームこもれびの家では、認知症のご利用者様の生活をサポートする体制が調っています。認知症に精通した職員による適切な対応で、認知症状の進行を防ぎ、それ以外の疾患には連携をしている医療機関の協力のもと個別に対応し、ご利用者様それぞれが安楽な生活を送れるよう努めています。日常の生活では、ご利用者様の身体状態を考慮した上で、スタッフと一緒に家事やレクリエーションを行い、ご利用者様主体の生活環境を作っています。高齢ゆえにおこる身体機能の低下や病気、将来の不安に対して、スタッフがよりそい、共にそれらと向き合うことで、穏やかに生活できる、そんな施設を目指しています。

ご利用者様の第二の家となれるよう、スタッフ一同全力で取り組んでいきます。

グループホームこもれびの家 主任介護職員

トータルケアホームそよかぜ

そよかぜでは、施設に通っていただき、お食事や、入浴、リハビリ等を行っていただく「通いサービス」。介護をしている方の急用や夜間援助が必要な時に、一時的にご宿泊いただく「宿泊サービス」、ご自宅へ伺い健康状態のチェックや日常のお手伝いをさせていただく「訪問サービス」。ご利用者様の状態に応じたケアプランを作成し、住み慣れたご自宅での生活をして頂けるようサポートする「ケアプランサービス」まで、ご利用者様の要望に合わせて、24時間、365日、介護生活をトータルにサポートしています。

スタッフからのメッセージ

「地域と共に生きる」を基本理念に、住み慣れた地域での生活を安心して続けていくことができるように、日々取り組んでいます。緑や花があふれる敷地内は自由に行き来ができ、散歩や食事を楽しむことができます。またドライブや近隣の公共施設やイベントなど、地域へ出いかける機会を積極的に作っています。一人ひとりが自分の好きなこと、やりたいことを選択し、実現できることを目標にしています。

トータルケアホームそよかぜ 管理者