特徴

緩和ケア

がん末期など自宅で最期を迎えたい方の思いを尊重し、ご家族も含めて気持に寄り添いながらおだやかな日々を過ごすことができるようサポートします。

小児看護

新生児集中治療室(NICU)での勤務経験、在宅小児香護の経験豊富なスタッフを中心に医療的ケアや育児サポートが必要なお子様やその家族が安心して生活でき、お子様の成長に合わせたケアを一緒に考えます。

リハビリテーション

安全・安心にその人らしい在宅生活が継続できるように支援します。心身能力・生活能カ・住環境を評価して利用者様自身の生活場面に即したサービスを提供します。また予防的な観点からリハビリを実施し社会参加の支援も行ないます。

難病・医療処置

パーキンソン病やALSなどの指定難病の方、ストマや褥癒処置、経管栄養、点滴など医療処置が必要な方への対応も可能です。臨床経験なスタッフにより在宅でも必要な処置を継続します。人工呼吸器の対応も可能です。

24時間緊急対応

休日や夜問など24時間いつでも体調不良などの相談が可能です。 また必要時は訪問し体調を確認します。

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーション指導士と心不全療養指導士を中心に心不全や不整脈などの心臓疾患のある方の再発防止・増悪予防をサポートします。定期的な心電図の確認、心臓への負担を者慮した生活指導やリハビリテーションを行ないます。

病気や障害を持った人が住み慣れた地域で、その人らしく療養生活を送れるように、
看護師等が生活の場へ訪問し、医師の指示書のもとに、看護ケアを提供し、
自立した生活を送れるよう支援するサービスです。
訪問看護の内容は次のようなものです。

  • 病状の観察(病気や障がいの状態、血圧・体温・脈拍などのチェックをし、異常の早期発見)
  • 在宅療養のお世話(身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導)
  • 薬の相談・指導(薬の作用・副作用の説明、飲み方の指導、残薬の確認など)
  • 医師の指示による医療処置(点滴、カテーテル管理(胃ろう、尿留置カテーテルなど)、インシュリン注射など)
  • 医療機器の管理(在宅酸素、人工呼吸器などの管理)
  • 床ずれ予防・処置(床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て)
  • 認知症・精神疾患のケア(利用者と家族の相談、対応方法の助言など)
  • 介護予防(健康管理、低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイスなど)
  • ご家族等への介護支援・相談(介護方法の助言。病気や介護の不安の相談など)
  • 在宅でのリハビリテーション(拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練など)
  • ターミナルケア(がん末期や終末期を自宅で過ごせるよう支援)

訪問看護ステーションからは次の職種の方が訪問することができます。

看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

一般社団法人全国訪問看護事業協会ホームページより

TOP