お知らせ

2021/6/1

「会員たちのブログ」を更新しました

当協議会についてページを更新しました

令和3年度第9回基調講演を開催しました

年次報告を掲載しました

第3回「横浜市への提言のためのアンケート」の実施報告がリリースされました

令和3年度 第9回総会・基調講演を開催しました

2021/5/6

「会員たちのブログ」を更新しました

2021年度第9回・第10回幹事会議事録を掲載しました

2021/4/8

「会員たちのブログ」を更新しました

2021年度第9回幹事会議事録を掲載しました

2021/3/15

「会員たちのブログ」を更新しました

2021/3/5

「会員たちのブログ」を更新しました

2021年度第8回幹事会議事録を掲載しました

多職種連携WEB研修「場が人を育てる」(コミュニケーションの重要性)を開催しました

2021/2/15

「会員たちのブログ」を更新しました

2021/2/1

2021年度第7回幹事会議事録を掲載しました

「会員たちのブログ」を更新しました

磯子区訪問介護連絡会 研修報告
令和3年1月14日木曜日
場所 磯子区役所7階
磯子区訪問看護ステーション連絡会との連携で行いました。

講師  感染管理認定看護師 吉村 靖史 氏
テーマ 介護職に向けた新型コロナウイルス感染症予防対策

参加者 訪問介護 15名
  訪問看護 3名
  磯子区役所 2名
  合計 200名

手指消息の手順、マスクの種類の効果、感染について講習をうけ受講された方は新型コロナウイルスの正しい知識を学べとても良い研修となりました。

2021/1/19

RFラジオ日本 横浜市広報番組 「ホッと横浜」
佐藤代表、澤田副代表が取材を受けました。

1/22(木)16:30~16:35 放送予定です!

2021/1/6

HPに「会員たちのブログ」欄を新設しました

2020/12/21

磯子区訪問介護連絡会 研修のお知らせ

鶴見区 つばさネット 第1回訪問介護部会ご案内

第6回幹事会議事録について

2020/12/1

2020年度第5回幹事会議事録を掲載しました

Web研修「withコロナでの訪問介護サービスの提供について」を開催しました

2020/11/16

鶴見事業者連絡会“つばさねっと” 第1回定例会のご案内

2020/11/1

「横浜市への提言のためのアンケート」を実施しました

2020年度第4回幹事会議事録を掲載しました

2020/10/21

鶴見事業者連絡会つばさねっとホームページにて、動画研修を配信しております。

2020/10/20

2021/2/10 金沢区ケアマネ・訪問介護・通所介護合同研修開催のお知らせ
2020/11/4 第3回 金沢区医療・福祉合同研修開催のお知らせ
2020/10/21 金沢区訪問介護事業所連絡会主催研修「災害発生時の対応」を開催致します

2020/10/1

2020年度第3回幹事会議事録を掲載しました

2020/9/15
2020/8/21

映画 「ピア ~まちをつなぐもの~」オンライン 視聴研修を開催いたします

2020/8/21

「横浜市への提言のためのアンケート」を実施します

2020/8/12

横浜市消防局より「令和2年度住宅防火啓発チラシ」がリリースされました

2020/8/11

「横浜市難病患者ホームヘルパー養成研修基礎課程」のお知らせ

2020/7/1

2019年度版 協議会及び各区の活動報告のパンフレットが完成しました

2020/6/1

令和2年度 第8回総会及び基調講演は中止とさせていただきます

2020/5/12

第8回 総会資料をリリースしました

2019/9

2019年9月の合同研修の記事が神奈川新聞に掲載されました

2019/5/16

第7回総会・基調講演を開催しました

2018/10/16,23,30

合同研修「集まれかいごのチカラ Part3」の記事が神奈川新聞に掲載されました

2018/5/28

総会の記事が神奈川新聞に掲載されました

2018/7/17

第6回総会・基調講演を開催しました

横浜市訪問介護連絡協議会とは を更新しました

2018/5/16

各区連絡会情報を更新しました

2018/3/29

平成29年度 管理者・サービス提供責任者向け座学研修 が開催されました。

2018/2/16

東ブロック研修会 が開催されました。

2018/1/11

平成29年度 合同研修「集まれ!かいごのチカラ」 が開催されました。

2017/10/20

各区連絡会情報を更新しました

2017/10/6

鶴見区で研修を行いますので是非参加してください。 期日がせまっておりますので早めの連絡お願い致します。
こちらをクリックしてください。

2017/9/15

関連リンク集を更新しました

2017/6/30

第5回総会・基調講演を開催しました

2017/4/25

横浜市訪問介護連絡協議会_第5回総会のお知らせ

各区連絡会情報を更新しました

2017/3/31

研修についてページを更新しました

2017/1/13

研修についてページを更新しました

2015/3/25

ホームページをオープンしました

会員たちのブログ

皆さん、こんにちは!みずたま介護ステーション十日市場の齊籐博美です。
今回は緑区のご紹介をさせていただきます。

緑区は横浜市の北西部に位置し、鶴見川とその支流の恩田川に沿うように東西に細長い地形となっています。

横浜線4駅を中心に住宅地が広がり市街化が進みましたが、緑の占める割合が40パーセント以上で18区内第1位であり、中央部に近い樹林地は、みどりがいっぱいです。

緑区のキャラクター「ミドリン」は平成20年10月に誕生しました!

区の花 シラン

区の木 カエデ

農業が盛んで浜梨は緑区小山町が発祥の地とされています。

緑区の人口割合は2025年には4人に1人が高齢者となり、高齢化率26%になることが見込まれています。

農業が盛んで浜梨は緑区小山町が発祥の地とされています。

誰もが住み慣れた地域で生活が送れるように、介護保険制度を活用した在宅サービスの一つに訪問介護(ホームヘルパー)があります。

農業が盛んで浜梨は緑区小山町が発祥の地とされています。

緑区の訪問介護事業所連絡会では、5職種(訪問看護、ケアマネジャー、訪問介護、通所介護、福祉用具)及び在宅医療相談室、地域包括支援センター、区役所を構成団体とした「在宅ケアみどりネットワーク」にて在宅ケアに関わる専門職として、多職種連携と情報共有、人材育成や研修企画などの運営に携わらせて頂き、区内の訪問介護事業所へ研修会の案内や制度についての情報共有を行っています。

農業が盛んで浜梨は緑区小山町が発祥の地とされています。

写真撮影者 山田 和美さん
山田さんは訪問介護のヘルパーさんです。月80時間ほどヘルパー稼働を行い、趣味活動ではカメラのお教室に通われ、撮影旅行等がある時には都度休暇を取り、ワーク&ライフバランスを図りながら人生を楽しんでおられます。 空いた時間を有効活用できる、ヘルパーのお仕事って魅力的ですね! ご興味のある方はお近くの訪問介護事業所へお問い合わせ下さい。

みずたま介護ステーション十日市場 斎藤博美

再び感染の増加傾向が続き、制限が必要な生活もまだまだ続きますね。この状況が一日も早く解消され、気軽に飲んだり、食べたり、話したりできる日が本当に待ちどうしい毎日です。

今日は少しですが都筑区の紹介をします。都筑区は平成6年にできた若い区で「港北ニュータウン」と言うと聞いたことがある方も多いかと思いますが、ニータウンと共に農業地帯や工業地帯もある街です。また、移り住む若い世代が多く、横浜市で一番平均年齢と高齢化率が低いことが特徴です。

今回はニュータウンの「緑道」をご紹介します。まず「緑道」の特徴ですが、総延長15㎞あり、植物が豊かで、花の見所やせせらぎ、いくつもの公園、歴史ある場所などが点在しています。周辺は住宅やマンションが立ち並び、市営地下鉄駅付近では商業施設も多くあります。時間帯により、通勤通学、買い物、散歩、ジョギングと区民の生活と憩いの場の両方に利用されています。
ヘルパーも利用者さんの買い物支援で緑道を利用することがあります。一般の道路を通るより近道であったり、車をよける心配もありませんので助かります(^O^)
詳しくは都筑区「健康つくりコースマップ」をご参照ください!

都筑区代表
都筑区医師会ヘルパーステーション 青柳かおる

今回は少しだけ鶴見区の紹介が出来ればと思います。

鶴見区は、横浜市の北東部に位置し、北西部の丘陵地、鶴見川流域の低地、臨海部の埋立地から形成され、そのほとんどは市街地となっています。臨海部は工業地帯、中心部は商業・住宅地域が主体となっていますが、住工混在地区も見られます。また、丘陵部は、区内では数少ない自然が残された住宅地となっています。昭和2年の横浜市の区制施行によって誕生した鶴見区は、工業地帯としての顔ばかりでなく、商業都市、住宅都市としての顔も兼ね備えています。

人口約30万人、高齢者数約6万3千人高齢化率21%と5人に一人が高齢者という区です。
また介護事業所も区内に多々あり、介護、医療と連携し活動出来ていると思っております。
さて新年度一発目のブログということでこんな写真を載せてみました。

今年もコロナ禍でお花見というわけにもいかないと思いますので、これで少しでもお花見気分を味わってもらえればと思います。
また今年度は介護保険改定の年でもあり、訪問介護も少しながらプラス改定になったと聞いていますが、自分には全然そんな感じはしません<(`^´)>まだまだコロナとの戦いも続き、ストレスや精神的にも大変だと思いますが何かストレス解消方法を見つけ頑張って往きましょう。早く皆様とワイワイ飲める日を楽しみしています(^^♪

鶴見区 代表
有限会社 駒岡介護ステーション 本間 忠志

拝啓。
吾輩は連絡協議会である。今日は、吾輩の生みの親の一人である新井仁子氏から吾輩の誕生秘話を聞き出したので、こっそりご披露しよう。

介護保険なるものが生まれ、世間ではケアマネジャーという新職種が登場し、ケアマネジャーに対する研修会は、その気になれば毎週研修会に参加できるほどの大盛況ぶり。それに引き換え、いにしえには「在宅福祉3本柱」(注)などともてはやされた我がホームヘルパーの研修会は、年間で数えてもどれだけあっただろうか?

そんなことをあちらこちらでぼやいていたら、NPO法人市民セクターよこはまからホームヘルパー向けの研修会のオファーがある。どうせやるなら、単なる研修会ではなく、広くホームヘルパーの課題解決していく団体を作ってしまおうぜということになる。そんなこんなで5,6年修行を積んだのち、吾輩が誕生したというわけだ。ちなみに、吾輩がこの世に生を受けた時、吾輩を取り上げてくれたのが横浜市であったから、横浜市には足を向けて寝られないのである。

新井仁子氏は、創設時からの数少ない役員の一人だが、その活躍ぶりはかなり風変りである。ある時は婦人警官、またある時はチコちゃんならぬヂコちゃんなどなど、かぶりものと演技をこよなく愛する文化人である。幼少のみぎり、劇団ひまわりで子役として舞台にも立っていたという。

コロナが明ければ、また寸劇で再会できるであろうことを願って、筆を置くこととする。

敬具

横浜市福祉サービス協会 ケアセンターみなまきみらい 新井 仁子

(注)在宅福祉3本柱
訪問介護(ホームヘルプ)、短期入所生活介護(ショートステイ)、通所介護(デイサービス)を「在宅福祉三本柱」という。
1995年度より新・高齢者保健福祉推進十か年戦略(新ゴールドプラン)がスタート、「在宅福祉三本柱」について大幅な拡充を図った。

みなさんこんにちは。
今回、会員たちのブログの担当になりました
横浜市福祉サービス協会南介護事務所の花摘(ハナヅミ)です。

前回、笠原さんより南区の紹介がありましたので・・・
今回は、私の個人的な内容で・・・いきたいと思います。

私は、生まれも育ちも福島県喜多方市でした。
喜多方というと・・・お水やお酒、ラーメンの町。
建物だと蔵の町としてちょっとした観光地になっています。

*地元 喜多方駅の写真です!

毎年、地元に戻っていたのですが、昨年から今年にかけてはコロナウイルスの懸念もあり戻れていない状況です。

そんな中、私を癒してくれているのが我が家の愛犬たちです!
前回帰省した際にちゃっかりとWEBカメラを購入し、愛犬たちをいつでも見られるようにセッティングしてきました!
仕事終わりや、お昼休憩などの合間に見ると癒されます^ ^

*こう見えても実はオスです。(笑)

実家でいいようにいじられている愛犬です。

そして、いつでも地元に気軽に帰れるよう・・・車を購入したのですが
油断大敵。という言葉があるように重大事故にはならなかったものの車を擦ってしまうという事件が年末に起きました。

自分は大丈夫。と思い込んでいましたが、やはり何事も”慣れ”というのは怖いものだと感じ擦ってしまった自分を恨みながら泣く泣く年を越しました。

さて、話が色々とそれてしまいましたがみなさんは「緊急事態宣言」が発令されてからの生活はいかがでしょうか。
3月7日に解除される見通しが・・・2週間延長か・・・とニュースでは見かけますが、油断は禁物です!
ならない。かからない。ことが重要に見えますが、どうか今一度手洗い、うがいや基本的な予防策を見直していきたいですね!
普段何気なく過ごしていることから”教訓”という名の戒めを受けた花摘がお送りしました!笑

みなさんもお身体に気をつけてお過ごしください。
本当は、ぶつけてさえいなければ車の写真をと思ったのですが、、、なかなか自分自身の心の傷が癒えず・・・次回にご期待ということで秘蔵にしました。(笑)

お読みいただきありがとうございました。

横浜市福祉サービス協会 南介護事務所 花摘

皆さま、こんにちは!広報担当の訪問介護ステーション しあわせの花束笠原です。
南区の連絡会の代表もしておりますので、今回は南区のご紹介をさせていただきます😆

南区は、全18区の中で西区に次いで2番目に小さい区ですが、人口密度の高さは市内第1位、県内でも川崎市中原区に次いで第2位の人口密集地です。
中原区の武蔵小杉にはタワマンたくさんが建っていますが、南区でタワマンを見たことはありません😖
電車は京急とブルーラインが走っていますが、停車駅は、弘明寺、井土ヶ谷、南太田、黄金町、蒔田、吉野朝、坂東橋と、特に大きな駅があるわけでもないのに、何故か人口密度はNO.1です!

それではまず、中区に隣接した坂東橋からご案内致します。

区境に大通り公園があります。
春は桜が奇麗です。

お天気の良い日は、将棋仲間が集まっています。

公園に隣接して横浜橋商店街があります。
いつもたくさんの人で賑わっています。

この辺はバブルの時に建てられたワンルームマンションも多く、高齢者の一人暮らしも少なくないです。
ゴミ出しの案内はこんな感じです。

地元の小学校の運動会では、27か国の国旗が立つそうです。

商店街を抜けると、南区役所と私の母校の大学病院がすぐです😉

坂東橋は、年齢や国籍を問わず安心して生活できる街です😊
もしこのあたりでお部屋探しをするなら、横浜橋商店街の中にある不動産屋さんにお立ち寄り下さい。
協議会の事務局をされている水梨さんが、とても丁寧に対応して下さいますよ✌

次に、南端の弘明寺をご案内致します。

京急弘明寺駅側に弘明寺観音があります。

観音様からブルーラインの弘明寺駅まで商店街になっています。

商店街を横切る大岡川は桜の名所です。
昨年はコロナで中止でしたが、弘明寺の桜祭りは毎年大賑わいです。

ここまで見ると、南区は人がいっぱい、建物がいっぱいのイメージですが、ちゃんと緑もあります!
「ゆずの木」で有名なロケ地のメッカ清水ヶ丘公園です。 映画「ピア~まちをつなぐもの」のラストにも登場しました。

皆さん、いかがでしたか?
横浜で一番の人口密集地である南区の魅力が少しは伝わりましたでしょうか?

そして弘明寺の隣は港南区になりますが、お買い物に便利な上大岡です。
ただいま~😷

お疲れさまでした🍺

訪問介護ステーション しあわせの花束 笠原

みなさんこんにちは
中区のふじケアヘルパーステーション横浜の正木です。
今は、横浜市訪問介護連絡協議会の会計を担当しています。
今年で役員を仰せつかって三年になります。
何もわからない中で役員の皆さんに支えられながらやっています。
私で出来たのですから、皆さんもぜひ役員に手を挙げて下さい。
楽しい仲間がたくさんできますよ!

コロナ禍で活動を控えている中で(飲み会ですが(^▽^))
訪問介護のことで何か書こうかなと思いましたが、なにも浮かばず・・・
仕事以外で動いていることが一つ有ります。
それは、子ども食堂についてです。

10年くらい前から始まって3年前は全国で300食堂、今は3,700食堂を 超えています。
ただボランティアでこの子ども食堂を始めるのは簡単ですが、すぐに辞めるところも多くあるようです。
人、場所、お金の問題で苦労し、継続することが難しいみたいです。
又、本当に貧困層の子どもに支援が届いているのか?
来ることで差別を受けないか?
等々、あげたら切りがないほどの問題が見えてきます。
そしてこのコロナ禍でかなりの子ども食堂が中止しています。
そこで私が所属している奉仕団体で調査した上で、
活動のお手伝いができないか、動いています。
ちょっと堅い話になりましたが、いつもダメダメな事をしているので
たまにはマジメにと(^▽^)/
活動のお手伝いができるようになったら、また報告させていただきます。

ふじケアヘルパーステーション横浜 正木光一


南区子供の居場所マップ

みなさんこんにちは!
協議会の副代表をさせていただいています、(株)フルライフ 澤田です。

先日横浜市健康福祉局高齢在宅支援課より資格取得支援事業のPRとして、訪問介護の魅力をラジオで伝えてほしいとご依頼があり、佐藤代表と共に収録にお邪魔してきました!

場所は横浜市役所会議室、レポーターの岩崎さんと、音声収録担当の大沢さんにご挨拶。
先に横浜市の方が収録開始です。

何度か収録し直している様子を見ていると、だんだん緊張が高まってきました。
横浜市の方の収録が終わり、協議会の番が回ってきました。

まずはマイクに向かって二人で仲良くご挨拶。
佐藤代表から訪問介護の魅力について話をし、私からは自分の体験談をお話ししました。

カミカミになってしまったにもかかわらず、なぜか一発オッケーとなり、収録無事終了。
終わってみればヘルパーの魅力を語るには尺が足りなかったなあというのが正直な感想です。。。
あとはプロに編集してもらい、良い感じに仕上がっていると良いのですが・・・!

放送は1/21(木)、22(金)16:30~35分、RFラジオ日本(1422kHz)
横浜市広報番組「ホッと横浜」にて

佐藤代表と私の登場は22日です!
ぜひご期待ください!


ゴミ袋を利用した使い捨てガウンを作ってみました!

㈱フルライフ磯子 澤田千絵

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

プログのトップバッターに指名されました協議会の代表をしておりますひかりケアサービスの佐藤です。
今回は新年早々の1月2日(土)の出来事をお伝えしたいと思います。

介護業界の常識ではありますが、正月から事業所に出て実績の整理をしていました。
9時過ぎに事業所の時間外電話(携帯)が鳴りました(ドキッ)
利用者宅(男性)に緊急対応に来た訪問看護師さんからでした。

利用者本人がベッドから落ちてしまったのですが、男性の為戻すのが困難です。
ヘルプに来てくれませんか!との連絡でした。

私は居宅介護支援事業所管理者のため訪問介護員としての登録はなかったので、他のスタッフに連絡をするも正月なので誰も対応できず、やむを得ず自分がかけつけ対応しました。

新年早々緊急対応で訪問するとは今年は大変な一年になるかと思いましたが、利用者、利用者家族、訪問看護師等から「ありがとう、助かりました」とお礼の連絡がきました。大学卒業して数年間はサラリーマンをしていましたが、こんなに多くの方々から感謝のお言葉を頂くことはなかったです。
今年も良い一年になりそうです

ヘルパーの資格持っていて良かった

有限会社ひかりケアサービス  佐藤永弘


1月2日 早朝 
総持寺に初詣してきました

ガラガラだったので、
たくさんお願い事をしてきました

協議会、各区の連絡会からのお知らせを掲載しています。
お問合せは yhk201305@gmail.com まで宜しくお願いします。