ごあいさつ

自然あふれる地域のなかで、安心してその人らしく生活が送れるように

当施設は北に狭山丘陵と村山貯水池(多摩湖)を配し、周辺は自然に恵まれ多くの人々に親しまれている場所の丁度南側に位置しております。
この様な環境の中で、ご利用者様やご家族、地域住民のニーズに応えるサービスを追求して参ります。
全国的な介護人材不足等、社会福祉法人を取り巻く情勢は厳しい状況になっておりますが、当法人で提供している種々のサービスを通じて高齢者の方々に真に長生きして良かったと思って頂けますよう、また地域の皆様に愛される法人となりますよう職員一丸となって努めてまいります。

 

社会福祉法人 向会
理事長 野口 忍

 

向会の由来

なぜ、向会になったのか・・・・

最初の申請は野口忍理事長のお父様、修(しゅう)さんの一文字を使い、社会福祉法人修徳会で提出するも、関係者の名前が使えないということで受理されませんでした。
そこで思いついたのが、土地の呼び名です。
現在の向台老人ホーム、センター向台のあたりを一昔前は「向こう」と呼ばれていました。というのは多摩湖の山のふもとから見て『向こうにある所』という意味だそうです。
それならば、「向こう」に会をつけて【社会福祉法人向会】 「向こう」が少し高台になっているから、「向台老人ホーム」となり、現在に至っているそうです。
ある朝のひと時、理事長より聞いた「向会」の由来のお話です。