ごあいさつ

利用者と職員が一体となり、皆の夢を叶える、風通しの良い施設です

世田谷区立駒沢生活実習所は、平成5年4月に重度の知的障害者が日中の活動を行う区立直営施設として開設しました。平成15年4月からは(社福)武蔵野会が指定管理者として運営を任され現在に至ります。

利用者一人ひとりの個性が尊重され(個別化の原則)、本来持っている力や可能性を発揮し(エンパワーメント支持)、様々な場面でそれぞれに合った選択できる活動を提供し(自己選択自己決定の尊重)、物質的に豊かな生活よりも、人の真心や優しさに触れながら精神的に豊かな生活を送ること(幸福の追求)、そしてどんな場面でも利用者主体の支援原則が守られるよう、教育訓練されたスタッフがお手伝いをさせていただきます。また、利用者がこの世田谷の地でできる限り長く生き生きと暮らすことができるよう、ご家族を始め地域の福祉サービス事業者のみなさんとも連携していきます。

近隣地域の皆様にとってもかけがいのない福祉資源としての役割を常に念頭におきながら、やさしさあふれる地域社会の実現、福祉社会の実現、生きにくさを抱え苦しんでいる全ての人が堂々と大手を振って歩ける社会の実現に向けて実践を重ねてまいります。

まだまだ力不足ではありますが、私たちは一流の支援者でありたい、めざしたいと常に思っています。こんな私たちにどうかちからをお貸しください。ご意見ご要望もどしどしお寄せ下さい。どうぞよろしくおねがいいたします。

 

社会福祉法人 武蔵野会
世田谷区立駒沢生活実習所

施設長 木村 文孝