あすと浪漫座の入居者及びご家族の皆様へ

新型コロナウィルスに対するあすと浪漫座の対応について

宮城県・仙台市では3月に入ってから感染者が急激に増え始め、感染者数の人口比では東京を上回り全国トップとなるような極めて危険な状況になっています。これに対応して宮城県・仙台市独自の緊急事態宣言が3月18日に発令されましたが十分に感染拡大を抑え込むことができず、4月5日~5月5日まで仙台市を対象に「新型コロナウィルスまん延防止等重点措置」が適用になりました。

これによりコロナ感染の拡大に歯止めがかかるか、まさに正念場を迎えています。あすと浪漫座では、すべての入居者様への感染を防ぐために、更に一段と気を引き締めてコロナ対応をしてまいります。

具体的には、4月1日~のあすと浪漫座のコロナ対応を次のとおりにさせていただきたいと思いますので、引き続きご理解とご協力の程よろしくお願いいたします!

令和3年4月1日からのコロナ対応について

【1】ご入居者様に対して・・・油断は禁物!
   更に一層の感染予防を皆様にお願いしてまいります!

【原則 外出の禁止】

  1. 原則として、入居者様の自由な外出を禁止します。
    ただし、例外として次のような方の外出に限り許可させていただきます。
    ①デイサービスに通う時
    ②やむを得ない通院時。ただし薬を2か月分処方していただく等できるだけ通院頻度を減らす工夫をしてください。その上でやむを得ず通院したい場合は事務所にご相談ください。
    近隣スーパー等へのお買物外出は週に1回まで。(ただし30分以内で)
    ④ご入居者様の外食(ビンテージカフェも含めて)はご遠慮いただいております。
  2. マスクの着用(外出の時はもちろんのこと、館内でもマスクの着用を)
    感染予防をさらに高めるために、ヘルパーさんがお部屋に入ってサービスを行う時には、お部屋の中でもマスクの着用をお願いします。
  3. 手指の消毒をこまめに。(外出から戻った時、レストランへの入室の時など)
  4. 密接の回避。(エレベーター内、レストランでの食事時、イベントの自粛など)

【2】ご家族様に対して・・・外食は要注意です!
   もうしばらくご家族様のご入館はお控えください。

【原則 入館の禁止】

  1. コロナウィルスの感染の波が収まるまでは、ご家族様・ご親族様・ご友人様の入館は、お控えいただきたいと思います。

    ※どうしてもご入居者様にお渡ししたい物などがある場合には、玄関先にてスタッフに預けていただければ、ご本人にこちらでお渡しいたします。ただしスタッフ業務の流れから、すぐにお渡しできない場合もありますのでご了承ください。

  2. 介護の必要上、どうしても入館が必要な場合は、お電話等で事前にご相談いただきたいと思います。
  3. やむをえない通院等でご家族様付き添いでの通院外出をしなければならない時には、通院途中経路での感染予防や病院内での感染予防を十分に行っていただきたいと思います。また、通院のついでに入居者と一緒に外食をされることは控えていただきますよう重ねてお願いいたします。
  4. 現在は、ご入居者様が「ビンテージカフェ」に出入りすることは控えていただいていますが、ご家族様やご友人の方々がご利用されてそのまま浪漫座に立ち寄られることも控えていただきたいと思います。

【3】あすと浪漫座へのご入居を検討されている方へ

【原則 見学の中止】

  1. あすと浪漫座の建物の外観や館内各所の設備概要などについてはこのホームページにできるだけ詳しく掲載させていただいております。また浪漫座の思いや各種行事などの模様もそれぞれご覧いただけますので、まずはホームページをご覧いただきご検討をお願いいたします。
  2. パンフレットや料金表、居室タイプ図などをご希望の方はお電話でお問い合わせいただければ郵送させていただきます。
  3. 現在は、新型コロナウィルス対応のため、館内の見学を希望される方への見学ご案内はしておりませんが、近いうちに入居をお考えの方につきましては、直接担当者がご相談を承り、状況によっては館内の一部をご案内することも可能です。
    まずは、お電話等でお問い合わせください。

コロナだから、コロナが心配だからと言って、あれもダメこれもダメと申し上げるのは本当に心苦しい限りです。ご入居者様やご家族様には本当にご不便をおかけしています。一日も早く浪漫座らしい生活が戻ってきますように祈るばかりです。

新型コロナウィルスという名前の得体の知れない恐ろしい外敵から身を守り、克服していくという1年以上にわたる私たちの戦いも、コロナワクチン接種の流れとともにいよいよ総仕上げの段階を迎えようとしています。もうひと踏ん張りです。頑張ってまいります。重ね重ねのご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

令和3年4月1日  あすと浪漫座

わたしたちの思い

2017年5月に、仙台市太白区のあすと長町地区という最高の立地に私たちの思いのこもったサービス付き高齢者向け住宅(サ高住と呼んでいます)「あすと浪漫座」が完成しました。

サ高住の建設を思い立った時から、建物の名前が大事だと思っていました。
仙台の未来(あす)にはばたく副都心(と)という意味の“あすと”に続く言葉に“浪漫座”をつなげました。

浪漫にはいろいろな意味や響きがありますが、“あこがれ”という思いを込めました。元来古代ローマ人やローマ風を意味するRomanが語源です。かつてローマはヨーロッパでも強大な力を誇る文化大国でしたから、周辺諸国からは憧れの的でした。
そこでローマの物ってスゴイ!ステキ!という考えが生まれ、そこに人間の激しくも美しい感情文化が加わって夢のような憧れの世界を意味する言葉として定着していったんだと思います。ちなみに「浪漫」と訳したのは文豪「夏目漱石」です。

「あすと浪漫座」は高齢者の住まいですが、ここにお住まいになられるご入居者様にとっても近隣地域の皆様方にとっても自慢できる憧れの館になればとの思いで、建物の細部にわたるまで気持ちを込めて作り上げました。

単なる介護の事業の枠を超えて、高齢の方々への尊敬の世界と地域の皆様とつくっていく楽しいコミュニティーの世界をどこまで広げていけるかに挑戦していきたいと決意しています。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは・・・

ご自宅に代わって高齢者が安心して生活できるように配慮された民間の賃貸住宅です。
入居者はプライバシーが守られ、自由に行動することができます。
また高齢者に優しいバリアフリー住宅で、ケアの専門家による「安否確認」と「生活相談」のサービスが提供されます。更に希望に応じて「介護保険サービス」や「生活支援サービス」を受けることができます。
入居契約は、賃貸借契約となりますので、高額の入居一時金は一切不要です。

<入居の対象者>
・単身高齢者世帯
 高齢者:60歳以上の方または要介護・要支援認定を受けている方
・高齢者+同居者の世帯
 同居者:配偶者または要介護・要支援認定を受けている親族または特別な理由により同居の必要があると認められた方