公表情報の更新
トップページへ
事業所案内
サービス案内
理事長挨拶
スタッフ紹介
プライバシーポリシー
採用情報
 
 
 

ホームヘルパー養成研修事業

介護職員初任者研修講座

実践的な知識と介護技術を学習します。介護の仕事をこれから始めたい、福祉分野の仕事に就きたい方向けの研修です。 就職だけでなく、もう一度基礎技術をしっかり学びたい方や、ご家庭でご両親やお身内の介護をお考えの方も受講することができます。

2019年度 介護職員初任者研修 開講決定!

<受講生 同時受付中>

講座期間
・講義

□ 第13期 2019年 6月 9日開講予定 

□ 第14期 2019年 9月15日開講予定

  • 毎週日曜日に教室で講師から講義を受け、演習で実技を学びます。 11回
  • 講義以外の科目はご自宅で自習してレポートを提出します。添削あり 9回
  • 介護施設(デイサービス、グループホーム)で実習します。3回
  • 最終日に評価試験を実施して合格したら修了証書が交付されます。 
受講料 55,500円(テキスト代6,069円を含む)
受講料免除制度あります。くわしくはお電話でおたずねください。
定員 10名 
会場 小榊アスカ福祉会 地域交流室
申込 くわしい募集要項は<こちら>をクリックしてください。

駐車場あります!!
■ アクセス(駐車場があります)
■ 情報開示事項
■ <修了された方の声>
■ 応募用紙

応募については、<こちら>をクリックして用紙を印刷してご記入の上、封書で郵送してください。

※ご不明な点は何でもお気軽にお電話ください
〜資料請求・お問い合わせ〜
主催
〒850-0079 長崎市みなと坂1丁目5番1号
社会福祉法人 小榊アスカ福祉会
申込
介護職員初任者研修担当 白山(久保)
お問合せ
TEL 095−865−9561
FAX 095−865−9562

このページの一番上へ

本講座を修了された研修生の声(研修生 満足度調査より)

研修生満足度調査の一部を抜粋して掲載していますので、参考にされて下さい。

Q.受講の動機は何でしたか?
「将来、介護の仕事を本格的にしたいので受講しました」
「仕事を探すのに役立つと思ったから」
「勤務先より研修の一環として勧められ自身も介護に関する職務に携わる上で知識を深めたかった」
「基礎をきちんと勉強したいと思いました」
「両親と同居しているので勉強してみたかった」
Q.研修スケジュールは、無理なくご自分のスケジュールに組み入れることができましたか?
なんとかできた   100%
無理なくできた    0%
無理していた     0%
Q.一日の講義時間は、どのように感じましたか?
実習があるときは短いと感じた 50% 
毎回、長いと感じた      25% 
スケジュールとしてやむを得ないと思った 25%
Q・研修会場については?  
ちょうどよかった  75%
なんとも言えない 25%
Q.講義内容の印象はいかがでしたか?(複数回答可)
知らないことが学べてよかった 26%
いろんな講師から学べて面白かった 22%
座学が多かった          18%
役に立つことが多いと思えた   14%
楽しかった           10%
講師によってバラつきがあると思った 9%
ビデオや副教材の使用がもっとあればよいと思った 1%
Q.講師の印象は?  
親切だった       87%  なんとも言えない 0%  無回答 13%
よく教えてくれた    75%  なんとも言えない 12%  無回答 13%
相談によく応じてくれた 50%  なんとも言えない 50%
質問によく答えてくれた 87%  なんとも言えない 13%
レベルが高いと思った  37%  なんとも言えない 50%
おおむね期待とおり   75%  なんとも言えない 12%
Q.研修中に不愉快と感じたり、困ったことが・・・・
なかった 100%
あった   0% 
Q.研修期間中、一番印象に残っていること、又はよかったことは何ですか? 
「研修の期間中とても楽しくて毎週日曜日の講義に来るのが本当に楽しかったです」
「初めてだったけど一緒に受講した人たちと仲良くなれました。相談もできお互いに励まし合えました。」
「介護職員の方が高齢者の方、認知症の方に対して根拠に基づいてコミュニケーション、身体介助等を行われており、学べることが多かったです。また、それぞれの職員の方が丁寧に説明や要点、アドバイスをして下さいました。高齢者の方々とのふれ合いの機会が多く、実習では心情的に励まされることもありました。」
「実践練習でもお互い励まし合いながら臨めたことは私自身の財産となりました」
「グループに分かれてディスカッションをして考えをまとめて実演・発表した事がとても楽しく勉強になりました」
「介護と聞いて大変そうなイメージばかりを持っていたが、実際に勉強しながら、楽しいと思えたし、仕事の魅力に気付くことが出来てよかった。」  
Q.次の研修生にアドバイスを送るとして、ひとこと。 
「毎回の課題について、テキストをうつすだけという作業的な取り組み方をしてしまったので、もう少し毎回きちんと勉強して知識を積み上げたかったと最後になって思いました」 
「おこがましくて何もありませんが只一言あるとするならこの研修は必ず自分のために なると思うのでがんばってください。失礼しました」
「想像していた事と違うことがあったけど、勉強したことは無駄にならないので頑張ってください」
「教材の予習、復習をしておくべきだったと思いました。実習では、高齢者(利用者)の方や職員の方々と関わる一瞬一瞬を大事に過ごし、学びにつなげられたらいいと思います。」
「高齢の私でもできたのでみなさん、頑張ってください」

このページの一番上へ