介護職員初任者養成研修事業

「介護職員初任者研修」とは?

介護職員初任者研修は、介護を行う際に必要な基本的な知識と技術、そして介護を実践する際の考え方を理解することを目的とした資格です。 自身では日常生活を送るのが困難な高齢者や障がい者へ入浴、食事、排泄などの身体介護、そして掃除、洗濯、買い物、調理などの生活援助といった日常生活全般の援助をすることを前提とした資格です。介護職を希望される方はもちろん、一般のサービス業や家族介護まで、幅広く活躍することができます。

よくあるご質問

Q. 介護について、まったくの初心者ですが・・・。
A. 講師はいずれも経験豊富なベテランです。
看護師、介護福祉士、作業療法士など様々な資格を持つ講師陣が、理解度に応じて丁寧に指導いたしますので、ご安心ください。
Q. 修了試験に合格できるか、心配です。
A. すべてのカリキュラム修了後、1時間の筆記試験があります。
自宅学習や通学講習を最後まできちんと受けていれば、十分合格できる内容です。講習の途中で模擬テストも行われますし、万が一不合格だった場合でも無料で再試験が受けられます。安心して臨んでください。
Q. 受講するのに、年齢制限はありますか。
A. 法的には15歳以上であれば上限はありません。
当法人の場合、資格取得後はできるだけ介護の仕事に携わっていただきたいので、60歳までとしています。年齢について不安な方は、一度ご相談ください。
 

このページのトップへ戻る