ごあいさつ

「限りない前進」
平和で笑顔のあふれる家庭のような施設を創り、高齢者の命・暮らしを護ります。
一、「共に生きる・共に支える」
一、「ご利用者の一人ひとりの人生・個性を尊重」を合言葉にします。

社会福祉法人六甲鶴寿園は、瀬戸内海国立公園の区域に指定されている「六甲山」の麓で緑に囲まれ、眼下には「ちぬの海」が広がっています。設立当初から四季折々の自然に恵まれ素晴らしい環境は現在も何ら変わっていません。

昭和44年に法人の認可を受け、既に50余年を経過いたしましたが、多くのご利用者・ご家族・地域の方々に支えていただき、運営を続けられてこれましたことに心より感謝申し上げます。

長い歴史で積み重ねた経験を活かし施設運営に努めてまいりましたが、令和2年に様々な不祥事が明るみになり、ご利用の皆様、ご家族の皆様、その他ご関係の皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛けいたしました。心より深く反省しお詫び申し上げます。

不祥事を受け神戸市から、施設の一部について全部効力の停止(12ヶ月事業停止)や一部効力の停止(6ヶ月新規受入停止、介護報酬2割減)、補助金交付決定の一部取消等という厳しい処分が下されました。また、それとともに、理事長等に対する責任追及及び運営体制の刷新、加えて問題事案の原因及び責任を明らかにするための第三者委員会の設置を求める旨の勧告がされました。

このような経緯を踏まえ元理事長等は退任し、また、その後提出された第三者委員会からの報告書を受け、本年6月の改選を機に役員等を一新し、新生の六甲鶴寿園として再スタートいたしました。

ご利用者・ご家族・地域の方々をはじめ全ての関係者の方々に、これまで以上に信頼される法人・施設となりますよう役員・職員一丸となって取り組んでおりますので、引き続き、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、一部効力の停止期間は9月末をもって終了しましたので、「陽だまりの家きしろ」では、ご利用者の新たな受け入れを再開させていただいております。

 

 

社会福祉法人 六甲鶴寿園

令和3年10月1日 理事長 宮田 克行

 

TOP