スタッフの声

淳風とよなか ~行事報告~

【流しそうめん】

この度、本館2丁目の流しそうめんをご入居者様方と行いました。
コロナウイルスの影響により行事が中止となっておりましたが、久しぶりの開催となります。
そんな久しぶりの行事という事もあり、皆さん大変楽しみにされておられました♪

皆さん笑顔で流れてくるそうめんをすくい、「おいしい!」と喜んでおられました♪
ご自身にてうまくすくえない方にも職員と一緒に楽しんで頂いております。

流しそうめんを召し上がって頂きながら、七夕短冊読み上げを行い皆さんの多くの願いを聞きました。「これからも元気に過ごしたい」等自身やご家族様のご健康を祈っておられる物も多く、少しでもお力になれればと職員一同思っております。
本当に多くの笑顔を見せて下さり、これからも少しでも楽しんで頂けるような行事をもちろんコロナウイルス対策をばっちり行いながらも開催していく事が出来ればと思います。

行事担当 特養介護職員 大塚直喜

淳風とよなか ~行事報告~

【淳風とよなか 本館3丁目 七夕 流しそうめん】

新型コロナウイルスの影響により、施設での行事もしばしお休みが続きました。
留意事項をしっかりと確認しながら、7月5日久し振りにフロア行事を開催することが出来ました。

行事の内容は、夏の風物詩「流しそうめん」。
空模様は晴天!とはいきませんでしたので、施設の食堂にて開催。
なが~い竹から流れてくるそうめんに皆さまから笑顔が溢れました。七夕の大きな笹を彩る短冊にはたくさんの願い事も。

皆さま次々と流れてくるそうめんを見事にナイスキャッチ!
そうめんは別腹、お箸も進みます。

いよいよ夏も本番。暑さに負けない笑顔で乗り切りましょう!
次の行事もお楽しみに!

施設サービス課 特養介護職員 河邊 亮

淳風おおさか

7月7日、8丁目フロア行事にてTシャツ作りを行いました。当初は流しそうめんを実施予定でしたが、新型コロナウイルスの影響もあり実施できませんでした。その中で何か夏の思い出に形のあるものを残したいという想いからTシャツ作りを実施する事となりました。当日、ご入居様、職員共に思い思いのデザインをTシャツにスタンプし世界に1枚しかないTシャツが出来上がり、笑顔溢れる楽しい時間を過ごすことが出来ました。現在、Tシャツは各居室に飾っておりますが、いつかコロナウイルスが収束しこのTシャツを着て色々な行事等を安心し笑顔で実施できる日を心から願っています。

8丁目介護職員 藤本 枝里

淳風おおさか

7月7日(火)に9丁目にて花火行事を行いました。当日の昼間は雨が降っており、中止になるかもしれない状況でしたが、行事開始時には雨も上がり、無事に開催することが出来ました。ご入居者様には噴射花火と手持ち花火の2種類の花火を楽しんで頂き、噴射花火では激しく噴き上がる花火に驚き、手持ち花火では静かに火花を散らす花火に心を癒されていました。コロナの影響により、少人数ずつでの実施となりましたが、皆さん「懐かしいね、よく昔やったよ。」と言われており、笑顔もたくさん見られ、楽しまれていました。

9丁目介護職員 西野直樹

淳風おおさか

新型コロナウイルス感染症の流行のため日本でもマスクが不足しており、淳風おおさかでもマスクの持続的な確保に努めております。この度、複数のご家族様、清風寺ご信者様、地域の皆様からマスクの寄贈を戴きました。このようなご厚意に感謝申し上げるとともに、施設で大切に使用致します。誠に有難うございました。

淳風おおさか 感染症対策委員会

グリーンヒル淳風 ~ご入居者・ご家族の皆様へ~

新型コロナウイルス感染予防の対策として、3月初めから家族面会の制限、ご入居者には不要不急の外出自粛等をお願いしています。高齢の方が感染されると重症化リスクが高いことと、万が一、お一人でもご入居者が感染されると集団感染の恐れもあることをご入居者にもご理解いただき、できる限りの外出を控えてもらっています。また、ご入居者に代わってご家族様が買い物をされて届けていただくなど、皆様のご協力のお陰でご入居者の皆様は体調お変わりなく生活いただいています。

 

感染状況がいつ終息するか不透明な今、「できる最大限のことを精一杯行なっていこう」という施設長の号令のもと、日々、館内消毒に努める傍ら、不足するマスクを補うため手作りマスクも作製し始めました。時には職員より器用なご入居者にも手伝っていだだくことも。

再びご入居者とご家族の笑い声が館内に響き渡る日が早く訪れることを職員一同願って、引き続き感染予防に努めていきます。

(4/30. グリーンヒル淳風 職員一同)

淳風おおさか

淳風おおさかでは新しく特殊浴槽と移動式リフトを導入致しました。今まで職員二人でおこなっていた移動介助など、効果的に機械を使用する事で、車椅子とベッドの間での移乗や、入浴時にもご利用されている皆様にゆっくりと入浴して頂くことはもちろん、介助を行う職員の負担を従来より、さらに軽減できるようになりました。今後は様々な介助場面で使用できるよう順次、整備をしていく予定です。 

機能訓練指導員 吉田 剛之

ケアハウスグリーンヒル淳風 ~行事報告~

ケアハウス中庭にある桜が今年も満開になりました。例年以上の暖冬に「もしかしたら3月半ばには満開になるかも!?」とご入居者とも話をしていましたが、寒気が戻ってくるなどで3月20日に開花始め、28日に満開となりました。
食事をしながら食堂から眺める桜も見事に!

夜はライトアップで一日中桜を楽しんでいただいています。

新型コロナウイルス感染予防のため、ご入居者にも外出自粛をお願いしていますが、この桜が少しでもご入居者の心の癒しになってもらえれば・・・と。

ケアハウス グリーンヒル淳風

淳風おおさか

2月4日は鷺洲小学校の6年生の生徒の皆さんが総合的な学習の時間を使い、「TEAMふれあい隊」の活動の一環として交流をしにきてくれました。
「高齢者を理解し、自分が出来る事を考えて行動できるように」との取り組みで、子供たちがプレゼントを考え、一緒に遊べる遊び【紙飛行機飛ばし】も考えてきてくれました。
指先が上手く動かない利用者様の側には1人が必ず付き添い、一緒に紙飛行機を作ってくれました。
皆様童心に戻られ、笑顔にて作った紙飛行機を飛ばされておりました。

淳風おおさか

すき焼き行事

3月2日皆様からアンケートを取りすき焼きを食べたいとの声が上がり実施させていただきました。食材を切るところから行っていただき「昔はよく料理してました」と手慣れた様子であっという間に出来上がり盛り付けていきました。鍋にネギや肉を入れるといい匂いがしており皆さん今か今かと待っておられました。召し上がられるとおいしいとの声と笑顔見られ楽しい食事会となりました

介護職員 日下 瑛二

淳風おおさか

料理クラブ

今年1回目の料理クラブは大福を作り新年をお祝いしました!
今回は白玉粉で生地から作りました。皆さん手先がとても器用で上手に作られ、見た目も味もすばらしい出来上がりになりました。
実習生も参加しみんなでワイワイと楽しい女子会になりました♬
ぜひ皆さんも作ってみてはどうでしょうか?また次回もお楽しみに!

藤原 恵子