地域包括支援センター

第六包括新聞

地域包括支援センターでは『第六中学校区地域包括支援センター通信』を発行しています。

是非、ご覧ください。

平成26年10月1日発刊(第5号)>>PDF

平成26年7月1日発刊(第4号)>>PDF

平成26年4月1日発刊(第3号)>>PDF

平成26年1月6日発刊(第2号)>>PDF

平成25年10月1日発刊(第1号)>>PDF

 


地域包括支援センターとは?

高齢者が住みなれた地域で自立した生活を継続できるように、生活を総合的に支えていきます。

相談イラスト

平成18年4月1日から介護保険法の改正に伴い創設された機関で、地域住民の心身の健康維持や生活の安定、保健・福祉・医療の向上、財産管理、虐待防止など様々な課題に対して、地域における総合的なマネジメントを担い、課題解決に向けた取り組みを実践していくことをその主な業務としています。

地域包括支援センターには、保健師または看護師、社会福祉士、主任ケアマネジャーが配置されています。

サービスの内容

ケアプランの作成や高齢者の方の心身の健康の維持、増進のために必要な支援を総合的に行います。

総合相談・支援
高齢者のみなさまやそのご家族、近隣に暮らす方の介護に関する悩みや相談に対応いたします。
  • 介護、健康や福祉、医療や生活に関するさまざまな相談、問題に対応
  • 各種制度やサービスに関する情報の提供
介護予防ケアマネジメント
ケアプランの作成や心身の機能維持を支援いたします。
  • 新予防給付のケアマネジメントの実施、ケアプランの作成
  • 介護保険サービスのご利用を支援
  • 介護予防を目的とした講座やボランティア活動など、地域活動のご紹介
ケアマネジャーへの支援
地域ケアマネジャーへの総合的な支援をいたします。
  • ケアマネジャーへの指導や助言
  • 医療機関や関係機関への連絡や調整
  • 関係機関が連携できる体制の整備
高齢者の方の権利の擁護・虐待の防止供
虐待の早期発見に努め、みなさんの権利を守ります
  • 虐待の防止や早期発見、消費者被害(悪質な訪問販売・詐欺)の相談など、高齢者の権利擁護
  • 立入調査や警察の援助の要請、緊急時の施設への保護、虐待防止のためのネットワークづくり
  • 介護職員の研修