小規模多機能型居宅介護(小規模多機能ホーム)

住み慣れた家、地域での生活を継続することができるように、ご利用者の状態や必要に応じて「通い」を中心に「お泊まり」「訪問」の3つのサービスを組み合わせて提供する在宅サービスです。

小規模多機能ホームとは?

「通い」「お泊まり」「訪問」どのサービスを利用しても、いつも同じ顔なじみの職員がケアを行います。

少人数登録制のため、家庭的な雰囲気の中で、他の利用者、職員と楽しく過ごすことができます。月額定額制のため、他のサービスを利用しなければ介護保険利用限度額からはみ出す心配もありません。24時間年中無休なので、緊急対応も可能です。在宅生活をお続けになる方には安心して利用していただけるサービスです。

サービスの内容

顔なじみのスタッフがケアする「通い」「泊まり」「訪問」の3つのサービス

通い
日常生活の介護(食事・入浴・排泄など)の支援はもちろん、“お仲間づくりの場”として、“生きがいづくり”の場として、これまでの生活スタイルに合わせたサービスをご提供いたします。
泊まり
通い慣れた場所で気がねなく、顔なじみのスタッフやご利用者様と共にお過ごしいただけます。急なお泊り等のご相談にも対応します。
訪問
通いだけでは十分に支援できない場合に、ご自宅に伺ってケアサービスを提供いたします。ご希望の時間帯に顔なじみのスタッフが訪問いたしますので安心です。
ケアプラン
小規模多機能居宅介護には介護支援専門員がいます。ご利用にあたり当ホームの介護支援専門員が担当させて頂きます。ご利用者さまの状態やご家族の要望をおうかがいし、サービス計画(ケアプラン)を作成します。
ホーム内に介護支援専門員が常駐していますので、柔軟かつ臨機応変に対応する事ができます。

事業所サービス評価

小規模多機能型居宅介護では年1回、自ら評価するとともに、定期的に外部の者による評価を受けてサービスの質の向上に取り組んでいます。

平成27年度 事業所サービス評価≫≫≫