福祉用具貸与・販売

福祉用具イラスト

「小規模多機能ホーム淳風きたじょう」の施設内で平成26年8月1日より福祉用具のレンタル・販売事業「福祉用具淳風きたじょう」を始めました。

福祉用具貸与・販売とは?

イラスト

高齢者が自立した生活を送るうえで福祉用具は欠かせないものになっています。介護保険で福祉用具を利用する場合には市町村が行う要介護認定を受ける必要があります。

利用する方も増え、広く普及してきましたが、一方で不適切な用具を使用すると逆に身体機能が低下する危険性もあります。もし日常生活にお困りで福祉用具を使いたいと思われましたら居宅介護支援事業所のケアマネジャーや地域包括支援センター、地域総合相談窓口などに相談してみて下さい。福祉用具専門相談員のアドバイス等で福祉用具が決まりましたらレンタルの場合は指定事業者に費用の一割を毎月支払います。購入の場合は指定事業者に全額支払いますが市町村から購入額の九割相当額が支給されます。

貸与の対象となる福祉用具の種類など決まりごともありますので、「福祉用具淳風きたじょう」にも2名いる福祉用具専門相談員などの専門家に相談しながら適切なものを選ぶことが重要です。