ホーム > サービス内容 > 居宅介護支援

居宅介護支援(みどりケアプランセンター)

居宅介護支援イラストみどりケアプランセンターでは、「介護福祉相談室」を開催しておりますが「介護保険はよ〜わからんわ」という声をよく聞きます。

そこで今回はよくある質問をいくつか紹介したいと思います。

1.介護保険はどんな人が利用できるの?

@ 介護保険65歳以上で介護認定により、要介護、要支援の判定を受けられた方。

A 40歳以上65歳未満で国で定められた特定の病気の方で、要介護、要支援の判定を受けられた方が利用することが出来ます。

2.どうすれば介護の判定を受けられるの?

市役所介護保険課に介護認定の申請を行うと認定調査の方が来られ、今の状態の聞き取りを行います。その調査内容と医師の意見を参考にして介護度が決定します。

3.介護認定の申請はケアマネジャーにお願いできるの?

看板介護認定の申請はケアマネジャーが代行して行えますので、ケアマネジャーに相談頂ければ、代わりに書類の作成、提出を行います。

4.家庭の事情を周囲には知られたくないのですが…?

ケアマネジャーは介護保険法により、守秘義務が定められています。周囲の方に相談内容を話すことはございませんのでご安心下さい。

相談に来られた方の中には、「こんなこともできるの?」「もっと早く相談に来ればよかった」と話される方もいます。 介護へお困りのことがありましたら、お気軽にお立ち寄りください。


耳寄り情報(身体障がい者タクシー)

吹田市 重度障がい者福祉タクシー料金助成事業

1・2級の身体障がい者・重度の認知障がい者・重度精神障がい者等 一定の要件を満たせばタクシーを利用する際に基本料金(初乗り運賃)のうち、500円を上限に助成を受ける事が出来ます。助成はタクシー券を月4枚として計算し4月〜翌年の3月分をまとめて交付しますので、5月に申請すると4×11ヶ月分の44枚の支給となりますので、早めに申請下さい。

お問い合わせ:吹田市 福祉部 障がい福祉室(電話06−6384−1347)

吹田市 通院困難者タクシークーポン券事業

75才以上・市民税世帯非課税・要介護3〜5の方で、上記の「重度障がい者福祉タクシー料金助成事業」との併用は不可能で、重複する場合は重度障がい者福祉タクシー料金助成事業」が優先されます。バス・鉄道等を利用して通院することが困難な[在宅高齢者]が通院にタクシーを利用する際に基本料金(初乗り運賃)のうち、500円を上限に助成を受ける事が出来ます。助成はタクシー券を月2枚として計算し4月〜翌年の3月分をまとめて交付しますので、5月に申請すると2×11ヶ月分の22枚の支給となりますので、早めに申請下さい。

お問い合わせ:吹田市 福祉部 高齢福祉室(電話06−6384−1336)


クリックでPDF版を表示します

耳寄り情報(高齢者の外出のために)

高齢者向け 阪急バス全線フリー定期券 グランドパス65

65才以上の方を対象とし 阪急バスの定期券を割引料金で購入できます。

お問い合わせ:阪急バスの各営業所
吹田営業所 06−6384−5031
千里営業所 06−6871−0412

マイタウン たのしいバス

60才以上の方とその付き添いの方(登録が必要です)が対象で株式会社ケア21が運行する無料巡回バスです。

お問い合わせ:株式会社ケア21 電話06−6456−5633


クリックでPDF版を表示します

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは?

「自宅で一人でお風呂に入るのが恐くなってきたんだけど…」

「おじいちゃん、おばあちゃんの介護を一生懸命してきたけれど、ちょっと疲れてしまって・・・」と、介護保険について、疑問に思っていたり、困っている事はありませんか。

私たち介護支援専門員(ケアマネジャー)は、快適な生活が維持できるよう、様々な専門職と連携をとり、最適なサービス計画(ケアプラン)を提案します。

▼ 【STEP1】
当社のケアマネジャーがご利用者様のお宅にご訪問いたします。
▼ 【STEP2】
ご利用者様とご家族のご要望を伺いながらケアプランを作成いたします。
▼ 【STEP3】
ケアプランに基づいたサービスを利用する手配をいたします。
▼ 【STEP4】
月に一度はご利用者様を訪問し、生活状況の把握、サービスの確認を致します。
必要であれば、ケアプランの見直しを行います。

サービスの内容

ケアプランの作成、サービスの管理などを手がけます。

ケアプランの作成(*費用はかかりません)
  • サービス計画の内容・利用料・保険の適用等を丁寧にわかりやすくご説明
  • ご利用者様の状態を正確にアセスメント
  • ご利用者様やご家族の希望を勘案し居宅サービス計画を作成
  • ケアマネジャーを中心にサービス担当者会議(ケアカンファレンス)を開いて検討
手続き代行・連絡調整・情報提供
  • 市区町村の役所での要介護認定の申請・変更の代行
  • 介護サービスを利用するために必要な連絡調整(市区町村・保健医療福祉サービス機関を含む)
  • サービスの管理
苦情受付

このページの一番上へ