居宅介護支援

在宅介護のお悩み・ご相談はいつでもお気軽に当事業所まで

支援や介護が必要な方、そのご家族のために、ケアマネジャー(介護支援専門員)が介護や日常生活のご相談に応じます。

介護の知識を持った専門家が利用者に適した介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、利用者とサービス事業者の間に立って連絡調整致します。お気軽にご連絡ください。

居宅介護支援とは?

ケアマネジャーが介護全般のご相談に応じ、ケアプランの作成を行うサービスです。

介助イラスト

適切なサービスをご利用いただくために、ケアマネジャーはご利用者様の状態やご家族の要望をおうかがいし、サービス計画(ケアプラン)を作成します。

サービスを行う事業所の選定、ケアプランの変更が起きた場合の調整を行います。介護に関するあらゆるご相談に応じ、介護サービスのトータルサポートをいたします。

ご利用の流れ
1

当事業所のケアマネジャーがご利用者様のお宅に訪問いたします。

2

ご利用者様とご家族のご要望を伺いながらケアプランを作成します。

3

ケアプランに基づいたサービスを利用する手配をいたします。

4

月に一度はご利用者様のお宅を訪問して、状況の把握・確認をいたします。

サービスの内容

ケアプランの作成、要介護認定・給付管理手続きの代行、サービスの管理などを手がけます。

ケアプランの作成(*費用はかかりません)全額介護保険から支払われます。
  • 1ヵ月程度を単位として作成
  • サービス計画の内容・利用料・保険の適用等を丁寧にわかりやすくご説明
  • ご利用者様やご家族の了解を得たうえで、主治医のご意見をお聞きすることも
  • ご利用者様の状態を正確にアセスメント
  • ケアマネジャーを中心にサービス担当者会議(ケアカンファレンス)を開いて検討
手続き代行・連絡調整・情報提供
  • 市区町村の役所での要介護認定の申請・変更の代行
  • 介護サービスを利用するために必要な連絡調整(市区町村・保健医療福祉サービス機関を含む)
  • サービスの管理
  • 介護保険の給付管理(給付管理票の作成・提出)
  • 苦情受付

サービス案内

ケアプラン津田沼

● 習志野市藤崎4-10-8



介護認定申請からサービスの利用まで

申請

 

原則、 介護保険は自己申請です。公的保険制度ですが、行政側から「サービスの必要はありませんか?」とは聞いてくれません。本人、または家族が介護保険課に申請します。ケアマネジャーが代行することもできます。

要介護認定

介護保険申請を受理すると、市町村は申請者が介護保険を受給する基準を満たしているかどうかの認定調査を行ないます。これが「要介護認定」です。

要介護認定は、申請者の元に調査員が訪れて行う「訪問調査」 と、かかりつけ主治医による「主治医意見書」をもとに介護認定 審査会において審査され、結果が出ます。原則として、申請してから約30日で結果が出ます。

結果

要介護認定は利用できるサービスによって大きく以下の3つに分けることができます。

1.要介護1~5   →介護保険が給付され「介護サービス」を利用できます。

2.要支援1、2   →介護保険が給付され「介護予防サービス」「総合事業のサービス」を利用できます。

3.非該当(自立)  →お住まいの市町村で「介護予防事業」についてお問い合わせください。

ケアプラン作成

 

「介護サービス」・「介護予防サービス」を利用するには、 ケアプラン(介護サービス計画)を立てる必要があります。 自分で作成することもできますが、たくさんあるサービスの中 から「自分の介護保険給付額で利用できるもの」「自分の希望 に沿っているもの」を選び出して組み合わせて利用計画を立てる ことはなかなか難しい作業です。

より良いプラン作成のためにも「ケアマネジャー」との契約を お勧めします。

ケアプランの作成は当社ケアマネジャーにお任せください。

サービス利用開始

 

ケアプランが完成したら、ケアプランに沿って自分の選択した サービスを提供している事業者と契約を結び、サービスの利用が始ります。

ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。