通所介護

コミュニケーション重視と研修の充実でサービスの質を向上させます

ご利用者様皆様で一緒に食事をしたり、体操やレクリエーションなどに参加することで、心身機能の維持や向上、また孤独感などが解消されます。 ヘルスケアナラシノにはデイサービスが3ヵ所あり、皆様のお越しをお待ちしています。

通所介護とは?

日中、施設やデイサービスセンターに通っていただき、日常生活上のお世話や機能訓練を行うサービスです。

介助イラスト

日常生活において支援・介護が必要な方が日帰りでデイサービスセンターや特別養護老人ホーム等の施設に通って、入浴・食事・排泄など日常生活を支援するサービスや、健康状態の確認、機能訓練等のサービスを受けることです。

サービスの内容

入浴、食事、機能回復訓練によって心身をリフレッシュし、集団での社会的な交流をはかることで孤立感を癒し、自立をご支援します。

送迎
  • 専用車にて、ご自宅まで
入浴・食事の介護、日常生活上の世話
  • 快適な浴場(入浴介助も)
  • 季節感たっぷりで、栄養満点の料理
健康状態の確認
  • 看護師による、血圧・脈拍・体温などの測定、体調チェック
生活相談・助言
  • 相談員による、生活全般に関するご相談、アドバイス
日常生活動作の訓練
  • 運動能力・身体機能の向上・維持が目的
レクリエーション・趣味活動・イベント
  • 毎月 手作りカレンダー
  • 夏は庭での流しそうめん、秋はミニ運動会、冬はクリスマス会、趣味活動として麻雀や花札、ゲーム、創作活動

施設案内

デイサービス津田沼 【定員:30名】

● 習志野市藤崎4-10-8


浴室
浴室車椅子、リフト完備

フロア
デイサービス田喜野井 【定員:20名】

● 船橋市田喜野井1-26-2


浴室
浴用車椅子2台、リフト完備

フロア
デイサービス大久保 【定員:20名】
● 習志野市屋敷3-1-12

浴室

フロア

介護認定申請からサービスの利用まで

申請

 

原則、 介護保険は自己申請です。公的保険制度ですが、行政側から「サービスの必要はありませんか?」とは聞いてくれません。 利用には申し込みが必要です。

要介護認定

介護保険申請を受理すると、市町村は申請者が介護保険を受給する基準を満たしているかどうかの認定調査を行ないます。これが「要介護認定」です。

要介護認定は、申請者の元に調査員が訪れて行う「訪問調査」 と、かかりつけ主治医による「主治医意見書」をもとに介護認定 審査会において審査され、結果が出ます。原則として、申請してから約30日で結果が出ま

結果

要介護認定は利用できるサービスによって大きく以下の3つに分けることができます。

1.要介護1~5   →介護保険が給付され「介護サービス」を利用できます。

2.要支援1、2   →介護保険が給付され「介護予防サービス」を利用できます。

3.非該当(自立)  →お住まいの市町村で「介護予防事業」についてお問い合わせください。

ケアプラン作成

 

「介護サービス」・「介護予防サービス」を利用するには、 ケアプラン(介護サービス計画)を立てる必要があります。 自分で作成することもできますが、たくさんあるサービスの中 から「自分の介護保険給付額で利用できるもの」「自分の希望 に沿っているもの」を選び出して組み合わせて利用計画を立てる ことはなかなか難しい作業です。

より良いプラン作成のためにも「ケアマネジャー」との契約を お勧めします。

ケアプランの作成は当社ケアマネジャーにお任せください。

サービス利用開始

 

ケアプランが完成したら、ケアプランに沿って自分の選択した サービスを提供している事業者と契約を結び、サービスの利用が始ります。

ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。