ごあいさつ

利用者様「本人」が主役

「お世話」するのではなく、
「生きることを支援する」ことを目指しています。
各サービスは利用されている方たちの
地域生活を支援するための場でありたい。
たとえ認知症になっても自分らしく生き抜いてほしい。

利用者様のニーズに基づいた
柔軟性と応用力のあるサービスを提供します。
24時間365日切れ目のない支援で利用者の暮らしを支えます。
医療と介護の連携によって安心した生活と、
看取りまでの個別の支援体制を築いていきます。

地域住民の一員として、
地元活動への参加や多様な地域資源の活用、
そして、今まで積み上げてきた認知症ケアの実践経験の還元など、
地域との支えあいが利用者のより豊かで
当たり前の生活を実現すると考えています。

各事業所と利用者・利用者家族、
利用を考えている本人・家族、地域の方々、行政、
ボランティア団体、運営推進会議、ケア関係者、
評価期間等との連携を大切にしています。

特定非営利活動法人 豊心会

このページの上へ