ごあいさつ

会長 森 重勝

特定非営利活動法人 福島県認知症グループホーム協議会

会長 森 重勝

昨年3月11日に発生しました東日本大震災にて、亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

震災後には県内外の多くの個人・団体の皆様から、多大なる救援・支援の物資や人材派遣、義援金等の援助をいただけましたことに深く感謝申し上げます。

福島県内においては、地震・津波の他にも原発事故や風評被害の影響も重なり、今なお多くの人々の心身に深い傷跡を残すとともに、先の見えない避難生活、放射能という見えない敵との闘いという苦しい状況下に置かれています。

しかし、どのような状況にあっても、平等に与えられた時間を有意義なものにし、一歩ずつ着実に歩み続けていき元どおり以上の暮らしを取り戻していくことができるよう努めているところです。

また、震災を経て、“絆“という人間同士の関係性を強く意識する人が増え、自らの生活スタイルを見直し家族との関わりを心掛けたり、ボランティア活動を始めたりと個々人の様々な想いはありますが、自分の生き方をより深く考えるようになってきていると思います。

平成24年度には介護報酬改定が行われますが、「地域包括ケア」が展開される中で、地域の中でのグループホームの役割や存在価値をさらに高めていくためには、どうすれば良いのかということを真剣に考えていかなければならない時期だと思います。そのような中、当協議会では、全国グループホーム団体連合会を通して、昨年末に、厚生労働省に、「平成24年度 介護保険制度改正への提案書」を2回に渡り提出し、職員の処遇向上や現行制度への改善提案等を行っております。

今年は、東日本大震災からの復興、介護報酬改定など大きな課題が目の前にありますが、皆様の1日でも早い安心した暮らしを実現することを目指し、明るい一年になることをご祈念申し上げます。