• ホーム
  • 福島県認知症グループホーム協議会とは

福島県認知症グループホーム協議会とは

特定非営利活動法人 福島県認知症グループホーム協議会は、平成15年7月17日に任意団体として県内27事業所にて発足し、平成21年8月1日にはNPO法人格を取得し新たなスタートをしております。

各種研修会や情報提供等により、地域社会に安心と安全を提供できるよう努めてまいります。

目的、事業内容、組織は次のとおりです。

(名称)
第1条この法人は、特定非営利活動法人 福島県認知症グループホーム協議会という。
(事務所)
第2条この法人は、主たる事務所を福島県福島市に置く。
(目的)
第3条この法人は、急激に増加している認知症の人に対し、適切なケア・サービスを提供するための調査研究及び研修活動を行うとともに、グループホームに対する理解を深めるための普及啓発活動を行い、福島県における福祉の増進に寄与することを目的とする。
(特定非営利活動の種類)
第4条この法人は、前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
  1. (1)保健、医療、又は福祉の増進を図る活動
  2. (2)前号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
(事業)
第5条この法人は、第3条の目的を達成するため、次の特定非営利活動に係る事業を行う。
  1. (1)認知症の人のグループホームケアなど各種研修事業
  2. (2)調査・研究結果の発表及び会誌等の発行
  3. (3)認知症の人のケア・サービス向上のための調査・研究
  4. (4)グループホーム事業への理解を深め、協力を得るための啓発・広報活動
  5. (5)グループホームを充実させるため、行政その他関係機関との連携及び連絡・調整
  6. (6)その他目的を達成するために必要な事業

(定款から抜粋)

定款はPDFでご覧になれます。
福島県認知症グループホーム協議会定款PDF

福島県認知症グループホーム協議会のあゆみ

平成15年7月17日
福島県痴呆性高齢者グループホーム連絡協議会設立(会員27事業所)
平成15年10月25日
福島県痴呆性高齢者グループホーム連絡協議会設立記念総会及び設立記念講演を開催(福島市)
機関紙「グループホーム福島」創刊号の発行
平成16年7月1日
第1回定時総会及び記念講演会を開催(福島市)
地区ごとの研修会を県内5方部に分けて企画・運営により開催することとする。但し、会員は県内どこでも自由参加を可能とする。
平成17年3月23日〜24日
第1回実践報告会を2日間にわたり県内外から76名の参加者により開催(二本松市)
平成17年4月1日
東北ブロック認知症グループホーム連合会設立
平成18年4月1日
機関紙「グループホーム福島」No.2の発行
平成20年5月21日
定時総会において、グループホーム以外の地域密着型サービス(小規模・認知症対応型デイサービス)もサービスの質の向を図るため、準会員としての加入を認めることを承認する。
また、県内を5方部から6方部に地区を分割し、地区ごとの会員数の均衡を図り、研修会のさらなる充実を目指すこととする。
平成20年11月17日
理事会においてNPO法人設立を議決
平成21年3月25日
NPO法人設立総会において設立を承認(福島市)
平成21年7月31日
全国グループホーム団体連合会に加入
平成21年8月1日
特定非営利活動法人 福島県認知症グループホーム協議会設立
平成21年10月13日〜14日
東北ブロック認知症グループホーム連合会2009福島大会開催(福島市)
平成22年3月10日
全国グループホーム団体連合会フォーラム 〜グループホームの未来に向けて〜 に後援

組織図

組織図