トップページ
トップページ
ごあいさつ
河南事業所
雄勝事業所
牡鹿事業所
採用情報
入所申込案内
スタッフ紹介
プライバシーポリシー
 
 

ごあいさつ

  かんの  たかし
■菅野 隆 理事長

・昭和26年東京都生まれ、精神科医師

・東武中央病院院長(埼玉和光市)
・埼玉県精神科病院協会会長
・日本精神科病院協会常務理事

 本法人創設者の医師で参議院議員を二期勤めた故菅野壽が、故郷への恩返しの思いも込めて、旧河南町に特別養護老人ホーム一心苑を開設したのが、今から約20年前の平成4年4月のことでした。一心苑のその後の実績は、多くの方々から信頼を得、平成9年に旧雄勝町に、平成15年には旧牡鹿町に、特別養護老人ホーム等の福祉施設を、各旧町からの大きなご支援を頂いて開設し今日に至っています。  

 その旧雄勝町も旧牡鹿町も海沿いの町であったため、東日本大震災により甚大な被害を受け、町の中心街と多くの入り江の集落が喪失しました。幸い本法人のどちらの町の施設も高台にあったため、津波そのものの被害を受けることは無く、職員にも犠牲者は出ませんでした。しかし、両施設の職員の半数が自宅を失い、多数の職員が家族も亡くし、深い悲しみと落胆の中にいます。

 地域の復興も人々の悲しみが癒える日も、まだまだ遠い先のことかもしれませんが、皆の愛する故郷が生まれ変わり、人々が喜びと夢と希望を取り戻すことのできる日が必ず来ることを信じたいと思います。

 そのためにも本法人は、福祉・介護事業をとおして、人々がこの地域で安心して生活していくことのできる、質の高い心のこもった支援を行い、地域の復興の一端を積極的に担っていきたいと思います。

 今後とも皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申しあげます。

このページの一番上へ