スタッフ紹介

社会福祉法人 寿水会のスタッフを紹介します。

私たちは、利用者一人ひとりの人格を尊重し、挨拶、笑顔、愛情をモットーに、利用者様の立場で考え、その人に最適な支援を行えるよう、質の高いサービスを目指しています。

この認識を継続するために、「寿水会倫理要綱」を朝会の前に職員一同で唱えています。

社会福祉法人寿水会倫理要綱

前文
私たち職員は、ここに倫理要綱を策定し、個人の尊厳と人権擁護に基づく倫理観を共有し、専門的知識と技術によって、利用者一人一人の自己実現と福祉の向上に貢献していくことを、宣言するものである。
第1条(個人の尊厳を尊重される権利)
私たち職員は、すべての人々の基本的人権を積極的に擁護し、利用者一人一人をかけがえのない大切な存在として尊重します。
第2条(生活者としての権利)
私たち職員は、利用者の生活のあり方や仕組みが、これまで慣れ親しんできた地域社会にあることを基本とし、適切なサービスが、利用者本人の意向に沿って行われることを保障します。
第3条(自己決定の尊重、インフォームド・コンセント)
私たち職員は、利用者があらゆる生活の領域で自らの意思によって選択し、決定する権利を保障します。自己選択・決定にあたっては、十分な説明や同意を得ることに配慮し、また、不当・過度の干渉を行わないことを保障します。
第4条(プライバシーの尊重)
私たち職員は、利用者の生活におけるプライバシーを守り、また個人の情報が承諾なしに勝手に使用されないことを保障します。
第5条(財産権の尊重)
私たち職員は、利用者の年金、預貯金等が、不当に侵害されることなく、適切に運用、管理されることを保障します。
第6条(知る権利の尊重)
私たち職員は、利用者が必要とする情報をわかりやすく受ける権利を、利用者に理解できるように提供していくことを保障します。
第7条(体罰・暴力・虐待の絶対禁止)
私たち職員は、福祉サービスの提供において、体罰・暴力・虐待の絶対禁止を保障し、人権擁護について積極的に推進していきます。
第8条(身体拘束に至らない質の高いサービスを受ける権利)
私たち職員は、利用者一人一人が安全、安心、快適な生活が送れるよう、身体拘束に至らない質の高い生活を保障します。
第9条(専門的、かつ質の高いサービスを受ける権利)
私たち職員は、利用者一人一人のニーズに基づいた福祉サービスを提供することを保障します。
第10条(サービス計画策定に参画する権利)
私たち職員は、利用者に係るサービス計画の策定にあたっては、利用者本人および家族の主体的な参画を基本とします。
第11条(意見・質問・苦情を表明する権利)
私たち職員は、利用者の些細な意見・質問・苦情であっても、真摯に傾聴し、具体的な解決、改善を図っていくことを保障します。

附則:この要綱は、平成18年8月21日から施行する。