ごあいさつ

ご本人の個性を尊重しながらプロのスタッフがさまざまなニーズにお応えいたします

昭和41年8月に社会福祉法人寿水会が、水沢の地に創立し、私は2代目の理事長として、平成11年10月から就任いたしております。

早いもので今年は、法人創立以来53周年を迎えました。

法人の沿革については、最初は、昭和42年に養護老人ホーム寿水荘(定員50名)を整備してスタートし、次に昭和52年に特別養護老人ホーム立生苑(定員50名)を整備しました。

その後、昭和57年に寿水荘を改築し、定員77名としました。     

平成に入って平成2年に立生苑デイサービスセンター(定員25名)を開始しました。平成6年に花巻市石鳥谷町に温泉付のケアハウス千鳥苑(定員30名)を整備しました。

平成12年に介護保険制度の開始に伴い、短期入所生活介護(5名)訪問介護、通所介護、居宅介護支援事業所等各種の在宅サービスも展開しました。

その後、平成18年に花巻市石鳥谷町に温泉付のグループホーム千鳥苑(定員9名)を新たに整備したところです。

そして、平成23年に養護老人ホーム寿水荘に隣接して、小規模多機能ホーム見分けの森を整備し、平成24年4月から開設したところです。

創立以来、介護保険制度の導入を始めとする数々の変遷を得て、今日に至っておりますが、伝統と実績をもとに、職員一同真心をもって介護にあたり、ご利用の皆様方に安心して楽しく穏やかな毎日を過ごしていただけるよう日々努力を重ねております。

幸いに、緑樹と田園に囲まれ、野鳥のさえずりを耳にし、遠く焼石連峰を望める恵まれた環境にありますので、心の健康のためによい影響を与えることができると思います。

ご家庭で暮らすようにのびのびと、在宅の方には住み慣れた地域でいつまでもいきいきと暮らしていただきますように、各部門連携し、支援させていただきます。

ご利用者、ご家族、地域、並びに関係者各位、皆様には、今後とも格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

社会福祉法人 寿水会 理事長
吉田 信雄